FC2ブログ

父と娘の官能小説(2) 「お父ちゃんより私の方が危ないから」

ドンドンドンッ

「タカコ~ いるんだろ」

「ちょっとお父ちゃん ベル押してよ」
「ハハハッ すまんすまん 入るぞ」
「うん」

「なんだ 洗濯モノ干してたのか」
「うん もう終わるよ」
「しっかしデカいブラジャーだなぁ」
「お母ちゃんも大きいでしょ」
「まぁな でもこんな色のは持ってないぞ」
「白だけだもんね」
「もうしてないだろ イサムしかいないし
垂れるからって若い時は気をつけてたけど」
「ハハハッ」
「どうせ垂れるだろ ここまで大きいと」

俺はタカコの胸を揉んだ

「お父ちゃんのスケベ!」
「スケベだからおまえも生まれたんだろ」
「そうだけど・・・」

口では嫌がる素振りをみせるが
俺に逆らうような性格ではない

「ビールあるか」
「うん」
「俺のために置いてくれてるんだな
おまえらは飲まないし」
「ううん ちょっとだけ飲むようになったよ」
「そうなのか」

タカコの家はソファもベッドもない
詳しくは聞いてないが2人のこだわりだろう
直接床に腰を下ろした

「ちょっと 座布団あるから」
「どこだ」
「待って 取ってくるから」

ガラッ

リビングのとなり部屋は座布団が
かなりの数置いてある

「何だ おまえら座布団集めてるのか」
「う、うん」
「珍しい趣味だな」

ここに来るのは久しぶりだ
サトシくんが俺に会うと委縮してしまうので
一応気を使っている

「これ使って」
「あぁ」

俺はスカートをめくった

「はいてないのか」
「もう お父ちゃんは」
「ちゃんと子作りはしてるのか 毎晩」
「えっ・・・」

この反応はしてないな

「話を聞かないといけないな 親として」
「ちょうど聞いてもらいたくて・・・」
「何だよ うちに相談に来ればいいだろ
エレベーターで上がってくるだけなんだ」
「今月ダメだったらって」
「そうか じゃあ 聞かせてくれ」
「・・・うん」

「お父ちゃんはサトシくんの
おちんちん見たことあるでしょ」
「あっ あの小指ちんちんな
でもボッキもするし射精もするって
本人に聞いてるぞ」
「もちろんするけど・・・」
「満足出来ないってか 結婚前まで
処女だったおまえが」
「お父ちゃんのがすごかったから」
「ハハハッ 俺は百戦錬磨だからな
久しぶりに見せてやろうか」
「う、うん」

タカコに結婚前に相談されて
セックス講座をしてやったのだ

さすがにまずいと思って女房に振ろうとしたが
本物のちんちんを見ないと意味がないと言い出して
セックスの手前までしてやった

ピストンまではしなかったが
愛撫してビショビショにしたあと
俺のちんちんを入れてやった

初めて挿入する相手が父親というのは変だが
結果的にそうなった

「ほらよっ」
「やっぱり大きいなぁ ボッキもしてないのに」
「ボッキさせてくれてもいいぞ」
「お父ちゃんより私の方が危ないから」
「ハハハッ 正直だな」

「サトシくん 最近は私の体を見ながら
ひとりでするようになって」
「突っ込んでくれないってことか」
「うん おっぱいを吸ってきたりもするけど
それ以上のことは私が言わないと・・・」
「コンプレックスかもな あのちんちんじゃ」
「私は舐めてあげるって言ったりするんだけど」
「おぅ ちゃんと俺の話を実践してるな」
「舐められたり触られたりするの嫌がって」
「ハハハッ 八方塞がりか」
「だから・・・」

スカートの中に手を入れてワレメを触った

「おいっ 話してるだけでこんなに濡れてるぞ」
「あんっ もう」
「ここか 気持ちいい場所は」
「・・・うん あっ あんっ」
「娘じゃなかったらとっくにぶち込んでるぞ
タカコ いつからこんな淫乱女になったんだ」
「お父ちゃんのせい・・・あんっ」
「しょうがない サービスしてやるか」

床に押し倒し足を開いてワレメにしゃぶりついた

「わっ お父ちゃん あっ あぁ~」

タカコはすぐにイってしまった

「はぁ はぁ」

「これで話の続き出来るな」
「う、うん ありがとう お父ちゃん」

さらに詳しく話を聞いたが
サトシくん次第なのは変わらない

「浮気する心配はないんだ まずはそうだな
ひとりでする時に手伝いをしないようにしてみろ」
「オナニーなんて想像でも出来るんでしょ」
「さすがにそばに生身の女がいるんだ
気にならないわけないだろ」
「お父ちゃんと違うし・・・」
「ハハハッ それは仕方ないだろ
それよりおまえも浮気とか考えるなよ」
「考えたことないよ」
「元気なうちは俺も相手してやるから
サトシくんにバレないようにうちに来いや」
「ダメだよ お父ちゃんのモノじゃなきゃ
満足出来なくなるから」
「わかってるじゃないか 淫乱だけど真面目だな」
「でも時々こうやって来てくれると嬉しいな」
「あぁ わかった 俺が来てやるか ハハハッ」

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
プロフィール

北条光影

Author:北条光影

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ



リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析