FC2ブログ

義母の胸騒ぎ(3) 「ヒサシさん 本当にやめて」

「お義母さん立ってると疲れるでしょ」
「えっ・・・」
「こっちで座ってください」

ソファに連れていかれた
そして座ったかと思ったらまた揉んでくる

「気持ちいいな これは」
「・・・」

何も言えない また脅されるに決まってる

「ビビってる顔も可愛いですね お義母さん」
「・・・」
「何か話してくださいよ」
「ヒサシさん・・・」
「やめなくていいですよね?」
「ダメよ こういうことは・・・」
「そっか じゃあ やめないといけないですね」

私の反応を楽しんでるようだ

手を放したと思ったら服を脱がしはじめた

「ちょっと ちょっと」
「直接触りたくなったんですいません」
「ダメよ ダメだって・・・」

そしてブラジャーも外された

「わぁ 大きいな やっぱり」
「ヒサシさん 本当にやめて」
「わかりました」

そう言いながら揉みはじめた

「これからもお義父さんがいない時は
教えてくださいね 仕事早退してきますので」
「何を言ってるの」
「仕事するよりもお義母さんのおっぱいを
揉んでる方が楽しいので」

どこまでするつもりなのか心配になってきた
夫は出て行ったばかりなので帰ってくるのはまだ先だ

「お義父さんのをここで挟んだりしてるんですか」
「そんなこと・・・」
「してないんだ もったいないなぁ」

「ヒサシさん キョウコとうまくいってないの?」
「そんなことないですよ」
「じゃあ・・・」



”おまえの娘は性処理に使ってやってるよ”



恐ろしい 二重人格なのかもしれない
この性格を娘は知ってるのだろうか


「お金取れますよ こんなに柔らかいおっぱい
なかなかないですし」
「そっ そんなことないわよ」
「今度会社の童貞社員を連れてきていいですか」
「ダメよ 本当に」
「喜ぶと思うんだけどなぁ」


わざわざ表裏を使い分ける理由がわからない
脅すなら脅し続けてくれた方が・・・


「乳首立ってきましたね 感じてるんですか」
「そんなこと・・・」
「そりゃ こんなに触られれば立ちますよね」

なんだか敏感になっている

ここ最近は夫のことでそれどころではなかった
性欲が消え去るほどの日々を過ごしていたのだ


「あっ あんっ」
「お義母さん あえぎ声がエロいですね」
「そんな・・・ はぁ はぁ」
「ハハハッ 喜んでもらえてうれしいな」


そのあともずっと揉み続けた

やめてくれたのは電話がかかってきたからだ


「明日からはちゃんとするって うん あぁ
わかったって・・・」


部屋に入ってしまったのでそこまでしか
聞けなかったがかなり甘やかされてるようだ

ただそのことにさえ何も言う資格はない



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ



リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析