FC2ブログ

義母監視(2) 「コウスケさんも説教するの?」

義母は国枝アヤコ 54才

背が低く胸とおしりが大きい

典型的な日本のおかあさんという感じで
あまりに妻と似てないので最初びっくりした

「これ うちの人よ」

義父は妻とそっくりだった
ハンサムで背も高い きっとモテたに違いない

不釣り合いな2人だが恋愛結婚だったらしい

ちなみに義父は59才で亡くなっている
がんの診断をを受けてから1年ももたなかったようだ

結婚した当初は私の手伝いをするために
義母もうちに来てくれたが必要ないと思ったのか
すぐに来なくなった

私は妻の子供の頃の話を聞いたりするのが
楽しかったが義母には退屈だったのかもしれない


そのあと義母はパチンコに行くようになり
そこで知り合った友達と会うようになった
家で飲み会を開いたりどんどん生活は乱れていった

たまたまそれを妻が休みの日に見てしまい
このままギャンブル中毒になって
変な男に家まで取られたら大変だということで
監視するように言われたのだ

皮肉にも義母を家事から解放したことが
裏目に出てしまった形だ



「お義母さん 今日はお昼一緒に食べましょうよ」
「友達と約束してるからごめんね」
「またパチンコですか?」
「コウスケさんも説教するの?」
「あっ いえっ」
「あの子に散々言われたから気をつけるわよ
5000円負けたらやめるから」
「じゃあ 負けたらすぐ帰ってくるんですね」
「勝つために行くのよ」
「あっ あぁ そうですよね」

ギャンブルは人の性格まで変える
義母はもっと穏やかだった

「早く孫でも見せてくれればおとなしく
世話でもするから心配しないで」
「ハハッ すいません 期待に応えられなくて」
「そうよ もうすぐ半年になるのに
ちゃんとやることはやってるんでしょ」
「あっ はい」

妻の都合が優先されるが週に2、3回はしている
そろそろ妊娠してもいい頃だ

私も妻も2人くらい子供が欲しいと話し合っている
子育ては私と義母がするので妻は産むだけだ

さすがに2か月は産休を取ることになるだろうが
海外で活躍してる女性にとって子供がいることが
ステータスになるとのことで早く産みたいらしい

「洗濯やっておきましょうか」
「そう? お願いしようかしら」
「何なら掃除もしておきますけど」
「ううん 掃除は昨日したから大丈夫よ
でもコウスケさんがいるとダメになっちゃうわね」
「お義母さんの面倒をみるのも僕の仕事ですから」
「老後はよろしくね あっ もう老後かな」
「まさか まだ若いじゃないですか」
「ハハハッ 現役だけどね 一応」

そういって胸を見せつけてきた
妻の小さい胸とは違って服の上からでも
存在感がある

「じゃあ 持ってくるわね」

洗濯カゴを持って戻ってきた

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ



リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析