FC2ブログ

家族秘話@親子水入らず(1) 「いい加減にしてよ ママ」

「いい加減にしてよ ママ」
「何よ 文句があるなら出て行けばいいでしょ
もう義務教育じゃないんだから」
「ひどい・・・」
「ハハッ お姉ちゃん もうあきらめなよ
今日はずいぶん酔ってるみたいだし」
「あんたは楽しんでるかもしれないけど
本当に耳障りなのよ 中年のセックスなんて」
「あっ マリ 今のは聞き逃せないわよ」
「ほらっ 酔ってないでしょ」
「そうだね」
「覚悟~」
「ハハハッ 余裕で逃げれるし」
「お母さん 危ないって」
「何がお母さんよ ママママって言って
おっぱい飲んでたくせに」
「はいはい ターゲットがヒデキに変わりました」
「ちょっと・・・」


長谷川ヒデキ 16才

シングルマザーの母と姉の3人暮らし
ただ家にはいろんな人がいつも来ていて
親子水入らずでいることの方が少ない

一番多いのは店のお客さんたちだ


母 ミドリ 40才

焼き鳥メインの飲み屋で働いてるが
いろんな男を持ち帰ってくる

若い男から70代くらいのおじいさんまで
本当に見境がない感じだ

何度か来てる人もいるだろうが
一夜のセックスをただ楽しんで帰っていく


姉 マリ 19才 短大生(保育系)

次に多いのが姉の友達のミカさんとリンさん
3人はパレスウォンバットという
多国籍アイドルグループのファンで
家にいるときは音楽を流し続けている

アパート以外の住人の苦情で9時以降は
ヘッドフォンをして暴れ踊っているが
アパートの住人からは何も言われない
多分母が大家さんの弱みでも握っていて
入居する時に住人にも伝えてあるのだろう

103号室に住んでいた老夫婦の横道さんが
老人ホームに入ってしまったので
うちがこのアパートで一番古い住人になった

アパートといっても2DKと少し広めで
5年前の改装の時に中もキレイになった
ただマンションという外観ではない
蔦が生い茂っていて古さを演出している


祖母 ハツエ 63才 未亡人
伯母 サチエ 42才 出戻り
叔父 マサキ 30才 独身貴族

歩いて5分の場所に母の実家(団地)があるので
用がなくても母の家族が遊びに来たりする
一緒に住まないのは部屋が余ってないからだ



「さっきの男 携帯忘れて帰ってるし」
「まだ気づいてないみたいだね」
「あっ ママ寝ちゃったわ」

男たちはセックスし終わったらすぐ帰っていく
もちろん僕も姉もあいさつしたりはしない
ただセックスが終わるのを待っているだけだ
なるべく顔も合わせないようにしている

「じゃあ シャワーでも浴びようかな
ヒデキも一緒に入る?」
「えっ いいの?」
「じゃあ やめよっかな」
「入る入る」

中学に入るまでは姉と一緒に入っていた
それがうちのルールだったのだ
ただ今はどっちでもいいことになっている
もちろん母と2人で入ったり3人で入ったり
別にハダカを見せ合うことに抵抗は全くない

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
プロフィール

北条光影

Author:北条光影

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ



リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析