FC2ブログ

家族秘話@親子水入らず(2)「うん 絶対他の人には言えない」

「お姉ちゃん 今日も剃ってあげようか」
「剃りたいの?」
「うん」
「その前に気になるから出して」

姉の胸を揉みながらちんちんをしごいた

「あっ あぁ~」

おしりに思いっきりぶちまけた

「そういえばリンがおちんちん借りたいって」
「僕の?」
「まぁ 誰でもいいみたいだけど
シャロンにフェラする時の練習したいみたい
お面もでかぶってあげればいいんじゃない」

シャロンはパレスウォンバットのメンバーだ
3人はそれぞれ推してるメンバーが違う

姉はタイロンでミカさんはハマノだ


「そんなに生えてないでしょ」
「うん いつ剃ったの?」
「1週間は経ってないかな」
「ふ~ん」

姉のワレメは小さい時から見ているので
少しでも変化があればわかる

「彼氏は作らないんだよね」
「それは裏切りでしょ タイロンが嫌がるし」

高1まで彼氏がいたので処女ではない
母と違ってうちではセックスしてなかった
ほとんど学校か彼の部屋でしていたようだ

「キレイになったよ 見る?」

姉は手鏡で自分のワレメを見た

「やっぱりヒデキに剃ってもらうといいわ」
「これからもやってあげるよ」
「おっぱい揉みたいだけでしょ」
「いいじゃん それでも」
「寝てる時もどうせ揉んでるんでしょ」
「そんなことしてないって
お母さんのは触ったりしてるけど」
「本当うちの家族は変だよね」
「うん 絶対他の人には言えない」
「ミカとリンはだいたい知ってるけどね」
「ハハハッ」


長谷川家での禁止行為は家族セックスだけだ
あとはしたい時にするし 言いたい時に
何でも言い合う それで平和は保たれる

僕と姉の父親が違うことは姉が中1の時に
気になって聞いたことでわかった

「何だ そんなこと知りたいの?
もちろん違うわよ そんな同じ男と
ずっと付き合えるなら結婚してるって」
「今までどうして黙ってたのよ」
「聞かなかったからでしょ」
「そりゃ・・・」
「別に私が産んだことに変わりはないんだし
姉弟でしょ あんたたちは」
「う、うん」
「他には何か聞きたいことある?」
「さすがに父親は教えてくれないよね」
「それは私じゃなくて向こうが嫌がってるの
私が勝手に産んだだけだから」
「子供が好きでもないのにどうして産んだのよ
今は避妊してるくせに」
「お母さんたちにお願いされたからよ
孫の面倒を見るのが夢だって」
「優しいところもあるんだね ママ」
「マリは生意気よ まだBカップのくせに」
「大きくなるのはこれからだもん」
「ハハハッ」

僕はまだ小4だったのでその時は何も思わなかった
そんな見たこともない父親のことを言われても
頭に何も浮かばないのだ

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ



リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析