FC2ブログ

母と息子のはじまり(1) 「離婚しない理由は僕でしょ」

「母さん もう離婚していいよ」
「何を言ってるの」
「僕が結婚するまでって思ってるんだろうけど
いつになるかわからないし」
「ありがとう でもまだ・・・」


森山雅子 54才

親子3人で市営住宅で暮らしている
家を買うための貯金もしているが
買う予定はまだない

それというのも私と夫の関係が
冷えきっているのだ


夫は久雄 58才

3年ほど前から急に気性が荒くなった

それまではおとなしかったので
本当にびっくりした


「あなた どうしたの?」
「うるさい!」

夜の生活でも私を粗末に扱うようになった

寝ているときに愛撫もせずに
いきなり突っ込んできたり
顔に精子をかけて足で蹴って起こしたり
ひどい扱いが続いている

もうまともな会話がほとんどない状態だ

夫はただ働き 私は家事をする
同じ部屋で寝てることが不思議なくらいだ


息子は雅彦 27才

家の近くの部品工場で働いている

昔の夫に似ておとなしい性格だ
ただ私には優しい

反抗期の時は邪険にされたりしたが
就職してからは本当に親思いになった

夫にも優しくしようとしてるが
あまり相手にされてないようだ


「父さんとほとんど話もしてないでしょ」
「そうね 一緒に住んでればわかるよね」
「離婚しない理由は僕でしょ」
「う~ん 違うとは言えないけど
そもそも離婚なんて考えたことないわ」
「母さんにも幸せになってもらいたいんだ」
「幸せよ こんなに優しい息子がいるんだから」


友達といろいろ話をしたりするが
文句を言いながらも愛されていて
うらやましく思ったりする

「若い時は週5回はしてたのに
最近は週2回がやっとよ 
うちの夫も年を取っちゃったわ」
「そうなんだ」
「雅子のところは元々少ないって
言ってたけど どう? 最近は」
「えっ そうね たまにかな」
「それで満足してるの」
「息子と話してる方が楽しいから」
「うらやましいな 若い彼氏みたいじゃない
うちは2人とも娘だから」
「友達みたいで見てて微笑ましいけどね」
「まぁね 最近は3人で男の話よ ハハハッ」


性欲がなくなったわけじゃない
私は2人を送り出したあとに
毎日のように息子の部屋でオナニーしている

学生の頃はベッドの下に
エッチな本を隠していたが
最近は普通に床に転がっている

あとゴミ箱の中に精子のついたティッシュを
そのまま捨てるようになった 
それを処理するのは私だ

息子がどう考えてるのかわからない
ただそれくらいのことをしてあげてもいいくらい
優しくしてもらっている

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
プロフィール

北条光影

Author:北条光影

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ



リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析