FC2ブログ

実録・大家族(1) 「私にとっては最高の嫁ぎ先よ」


浅沼アカネ 29才


「おまえは実家暮らしだからいいよな」
「浅沼さんって実家暮らしなんですか」
「アハハッ 家を出たことなくて」
「うらやましいな」


系列会社の合コンで夫と出会い結婚した

夫を選んだ理由は私が求めていた条件を
兼ね備えていたからだ


「わざわざそんな複雑な家に
嫁に行かなくてもいいのに」
「私にとっては最高の嫁ぎ先よ」
「変わってるのは昔からだけどね」
「お母さんもさ 部屋が空いてれば
一緒に住めばいいじゃない」
「勘弁してよ」 


「アカネ おめでとう!」
「ありがとう やっと見つけたわ」
「落ち着いたら家に呼んでよ
どんなキャラがいるか直接見ておかないと
話を聞いても楽しめないから」
「わかってるわよ また連絡するから」


母子家庭で育ったこともあって
大家族に憧れていた

10人以上の家族で暮らすのが夢だったのだ

ひとり暮らしの男ははじめからパス
実家暮らしの男を見つけては家族構成を
聞くのが私の合コンでの楽しみだった

「両親と妹の4人暮らしなんだ」
「あっ そうなんだ」

「祖母と両親それに兄夫婦と暮らしている」
「お兄さん夫婦に子供は?」
「まだいないけどどうして?」
「ううん」

これから10人以上になるかもしれないが
はじめから超えてる男だけを探し求めた
20代のうちは妥協するつもりはなかった


「家にいるのはご両親だけ?」
「えっ あっ びっくりしないでね
祖父と両親あと伯父夫婦と母方の叔父と
それに妹夫婦、義弟の双子の兄も住んでる
子供は3人 妹夫婦の子が2人で
バツイチの叔父の高校生の子かな」
「えっと・・・結局何人暮らしなの?」
「13人 あっ 祖父の彼女も最近いるから
今は14人かな」

その話を聞いた瞬間に恋に落ちた
夫の顔が私の理想に変換されたのだ


浅沼ケイタ 33才

その大家族が恋愛の障害だったようで
見た目は普通なのにモテなかったようだ


「私 結婚が前提じゃないと・・・」
「本当に?」
「好きになっちゃったの」
「ハハッ うれしいな」

「結婚したら県営住宅にでも応募しようか
新婚夫婦に有利らしいから」
「ううん 同居でいいわよ 長男じゃないの」
「いやっ 貯金も多少ならあるし
県営住宅なら家賃も安いから」
「子供が出来たらどうせ同居するんだし
そんな無駄なお金を使う必要ないじゃない」
「俺の部屋4帖半しかないから狭いよ
誰かが出ていけば部屋を移れるけど」
「子供の頃はアパート暮らしだったし
狭いのは慣れてるから」

夫は家族との別居を夢見てたようで
ギリギリまで抵抗していたが
体を許してから態度を軟化させた

「君の言う通りににするよ」
「本当?」
「あぁ 君さえいれば・・・」

私の体の虜になってくれたようだ

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
プロフィール

北条光影

Author:北条光影

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ



リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析