FC2ブログ

実録・大家族(2) 「これが私の一番大事な仕事なのね」


浅沼ケイイチ 56才
野本カズヤ  30才


「アカネさん よろしくね」
「はい」
「お義姉さんが出来てうれしいです」
「ハハッ」

「おばさんでいいよね」
「えっ あっ うん」

家の中で3つも呼び名があるなんて
本当に結婚してよかった

義妹のユカリさん夫婦からはお義姉さんで
子供たちはおばさん他の大人たちはアカネさんだ

「子供が出来たら私たちが2階に移ってあげるわ」
「は、はい ありがとうございます」
「でも1階はいつも騒がしいしなぁ」
「ハハハッ 子供たちも1階で遊んでるからね」

義伯母のカヨコさんは優しそうだ

子供はいないらしいが大家族の中にいれば
そんなに寂しくもないだろう


ちなみに家は2階建てで簡易的な作りの
離れが庭にある 庭と言ってもそんなに広くない

1階には義祖父と義父母と義伯父母の部屋と
居間や台所それに浴室とシャワー室がある


「トイレは3か所あるから心配しないで
あと浴室はここと離れにあってシャワー室は
2人でも使えるようになってるから」
「改装したんだね」
「うちは女性陣が少ないから何とかなってたけど
アカネが不便するようだったら離れのそばに
もうひとつユニットバスを増設するって」

ここで暮らす15人中 私とマユちゃんを入れても
たった6人しか女性陣はいない

「しばらく暮らしてみないとわからないわ」
「そうだよね」


2階は野本家の5人と私たちの部屋だ

義妹の旦那さんの双子の兄カズヤさんが
同居してるのが珍しい気がする

カズキさんとカズヤさんは顔もそっくりだし
義妹には戸惑いはないのだろうか


「見分け方は髪型ね 刈りあげてる方が
ユカリの夫カズキくんだから」
「う、うん わかった」
「声もそっくりだから暗いところだと
俺でもわからないけど ハハハッ」



離れには義母の弟のコウジさんと
息子のシュンくんが暮らしている
浴室とトイレは誰でも使えるように
外側に設置してある


「結婚前に叔父さんに部屋をかわってって
頼んだんだけどシュンに反対されたってさ
まぁ 難しい年頃だから仕方ないけど」

確かにゆっくり夜の生活を楽しみたいなら
離れが一番いいかもしれない

ただ私はそんなの望んでいない

大家族特有の暗黙の了解的なものを
楽しみにしているのだ


部屋はドアだったりふすまだったりするが
離れ以外には鍵はどの部屋にもついてない

もちろん大人たちはノックするだろうけど
開けられてしまうスリルと隣り合わせだ


「アカネ・・・」
「ウフフッ 少し声は抑えないとね
ホテルじゃないから」
「気にしなくてもいいって
まだ子供たちは小さいし」
「カズヤさんも独り身でしょ」
「ユカリたちも週末は激しいから」
「あなた 妹のあえぎ声とか聞いてたの?」
「聞いてたんじゃなく勝手に聞こえてくるんだって」
「もしかしてそれをオカズにしてたんじゃ・・・」
「前に答えただろ 何でオナニーしてたかは」
「そうだった こっちのノートパソコンの中よね」
「君はローターと電マだろ」
「使わなくていいようにしてね」
「ハハハッ 毎晩頑張らないとな」
「そこまでしなくていいわよ 仕事も大事だから」
「いやっ 君を抱くためだったら少しくらい
無理しても大丈夫だから」
「ウフフッ サービスしちゃおっかな」

夫の細めのおちんちんを咥えた
体の相性は悪いがここにいられるのは
この人のおかげなのだ

「あっ あぁ」

今日はこの部屋だけだろうか
いやっ 1階の義父たちもまだ50代だし
盛り上がっていてもおかしくない

「ねぇ 1階でも誰かしてるかな」
「ユミカさんがいればお祖父ちゃんは
してると思うけど」
「そうなんだ」
「うん いないことも多いけどね」
「のぞいたことあるんでしょ」
「お祖父ちゃんの部屋は開きっぱなしだから
俺だけじゃなく みんな見たことあると思う」
「うわっ エロいね」
「ほらっ セックスの途中で心臓発作とか
いろいろあるかもしれないから」
「でも丸見えなんでしょ」
「そんなにじっくり見ないって
向こうからも見られてるのバレバレだから」
「そっか」

「はぁ はぁ 今度は君のことを・・・」

「そういえばユミカさんにはまだ会ってないわね」
「あぁ 結婚式にも来てなかったしね
そのうちに会うと思うよ
いる時はずっといるから 昼間でも」

「あんっ そこ 気持ちいい」
「あぁ 俺は幸せだな 君みたいな人と結婚出来て」
「私もよ」

「あっ あぁ あぁ」

「うちは嫁と姑とかそういう争いとは無縁だから」
「お義母さんもカヨコさんも優しそうだしね」
「家事も2人がほとんどするし」
「でも料理は教わっていかないと
浅沼家代々伝わる味付けとかあると思うし」
「みんながまず期待してるのは子供だから
今は家事なんか何もしなくてもいいくらいだよ」

「これが私の一番大事な仕事なのね」
「あっ あぁ」
「まだイッちゃダメよ」
「はぁ はぁ わかってるって」

早漏だったが多少はマシになってきた
私がこの半年で鍛え直したのだ

ただサイズが変わったりすることはない

もっと太ければなぁ

そう思いながらしゃぶり続けた

「じゃあ そろそろ・・・」

夫はユルユルだと思っているはずだ
でも仕方ない 私の穴は太めのおちんちんに
合わせて出来てしまってるのだ

「あっ あっ あぁ~」

イッたのはもちろん夫だけだ
私も演技はしているがもの足りない

「じゃあ 今日も・・・」

夫は私の体を隅々まで舐めていく

「あなた うれしいわ」


夫が眠ったのを確認してから
1階のシャワー室に向かった

まだ12時前だがセックスしてたことは
バレバレな気がする

シャワー室から出て2階に上がろうとすると
義祖父の部屋の方から声が聞こえてきた

「ユミカ 美味しいよ」

ユミカさんはいつの間にか帰ってきてたようだ
何か食べてるのかな

「ケイスケ 今日はこれ飲んでね」
「あっ あぁ」

部屋をチラッとのぞいてみると
2人とも裸になっていた

ユミカさんはかなり胸が大きい

「はぁ はぁ」

義祖父がその大きな胸にしゃぶりついていく
飲んだのは精力をつけるモノのようだ


「うちの親父 激しいだろ」

突然うしろから声をかけられた

声の主は義伯父のケイイチさんで
あいさつ以外で話すのはこれがはじめてだ

「あっ ハハハッ ちょっと気になって」
「そりゃ 気になるよな 私はもう慣れたけど」

廊下は少し暗くなっていて
ケイイチさんは必要以上に体を寄せてきた

「じゃあ 部屋に戻ります」
「アカネさん ちょっとこっち来て」
「えっ!?」

義祖父にのぞいてるのがバレるのも
少し気まずいのであまり抵抗も出来ず
台所に連れていかれた ここは廊下よりも暗い

「ケイタに満足させてもらえなかったんだろ
あいつはこの家で一番ちんちんが小さいからな
まぁ リクにはまだ勝ってるか ハハハッ」
「ちょっと ケイイチさん」
「おっ 名前は覚えてくれてるんだな」

「ちょっとケイイチさん 俺も混ぜてくださいよ」
「おっ 来たか カズヤくん」

カズヤさんも台所に入ってきた

「何するんですか」
「大したことはしないさ アカネさんが叫べば
みんなに聞こえるんだから」

確かにそうだ 無茶をするとは思えない

「見てもらえないか」
「えっ・・・」
「ほらっ 一緒に住むんだから
先に気になることをなくしておいてあげようって」

あぁ そういうことか
別にひるむこともでない

「もう戻らないとあの人が起きたら」
「あぁ そうだな それで見てくれるのか」
「・・・はい」

2人はズボンとパンツを一気に下ろして
おちんちんを見せつけてきた
まだボッキしてないが夫より大きいのは明らかだ

「よく見てくれ」

ケイイチさんに座って見るように仕向けられた

カズヤさんのモノはじわじわボッキしてきている

「ハハハッ やっぱり若いな カズヤくん」
「当たり前じゃないですか」

まだ家族全員を把握していないので
このまま盛り上がるのはやめておこう

「じゃあ 部屋に戻ります」
「あっ あぁ またいつでも見せてやるからな」
「は、はい」

「あぁ ユミカさんでシコるしかないな」
「私は部屋に戻るよ」
「パートナーがいる人はいいな」
「それはイヤミか」
「まさか」

優しいカヨコさんと違って
ケイイチさんは軽薄な男のようだ

夫婦なのでそれでバランスが取れてるのかもしれない



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
プロフィール

北条光影

Author:北条光影

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ



リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析