FC2ブログ

「早乙女姉弟-秘密の育成について-」 kindle電子書籍発売!

「早乙女姉弟-秘密の育成について-」の電子書籍の販売を開始しました

こちらの作品は電子書籍限定の書き下ろし新作小説です
(ブログにて序盤のみ近日公開します)



※表紙画像をクリックすると
Amazonの販売ページにジャンプします

こちらの電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
スマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad)・パソコンでも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます

-本文抜粋-

「雅彦 上に来て」
「何?」
「いいから」

姉が小6で俺が小3の時のことだ

当時は団地暮らしで二段ベッドで寝ていた
上が姉でおねしょの常習犯の俺が下だった

「見て」

姉はパジャマのボタンを外して
胸を見せてきた

「見たけど」
「小さいでしょ」
「おっぱい?」
「そう」
「うん お母さんより小さい」
「はぁ・・・」

母はBカップくらいでかなり小さめだ

「もう戻ってもいい 眠たいし」
「ダメダメッ ちょっと待って」
「何?」
「雅彦にちょっと協力してもらいたいの」
「協力?」
「大きなおっぱい好きでしょ」
「別に」
「ウソでしょ 福原くんのおばさんとか
すごく大きいじゃない」
「うん」
「揉みたいって思ったことないの?」
「ないけど」

小3の時は異性への興味は全くなかった
そんなことよりサッカーとゲームだ

「あぁ 子供なんだから」
「姉ちゃんも子供じゃん」
「うるさい おねしょ王子」
「ひどいな もう」

言い返すことは出来なかった
月に1回はおねしょしてたからだ

「いつもおねしょするたびに
起こされるのはだ~れだ」
「・・・姉ちゃん」
「はい 協力しないとね」
「何すればいいの?」
「おっぱいを大きくしてほしいの」
「そんなの無理だよ 引っ張ればいいの?」
「それもいいかも でもとりあえず
毎日揉んでれば大きくなるんだって」
「自分で揉めばいいのに」
「おねしょの時・・・」
「わかったよ じゃあ・・・」

姉の膨らみかけのおっぱいを触った

「揉むって乳首しか出てないのに」
「いいから あと舐めてもらうのも
いいんだって」
「わかったよ」

俺は姉のおっぱいを吸った

「キャハハッ くすぐったい」
「やめる?」
「ううん ガマンするから 続けて
アハハッ ウフフッ」

最初のうちは笑ってるだけだったが
そのうち感じはじめた

笑い声があえぎ声になっていったのだ

「う、うんっ」
「痛かった?」
「ううん もっと強く吸ってもいいよ」
「うん」


親の目を盗んで姉のおっぱいを揉んだり
舐めたり吸ったりが日常になっていった

ただ俺が性に目覚めるのは小5なので
しばらくは義務的にこなしてただけだ

-以上-

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
プロフィール

北条光影

Author:北条光影

姉妹ブログ
ロリータ小説ABC

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ


リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!




アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析