FC2ブログ

孫娘狂騒曲(1) 「節操のない奴だな おまえは」

「節操のない奴だな おまえは」
「何だよ 男だったら攻めるのみだろ」
「ママを口説いてその娘の百合ちゃんに
付きまとって離婚されて今度は舞ちゃんか
何とか言ってやってよ」
「いいじゃないの 元気な証拠よ
山岡さんはもう男を卒業するつもりなの?」
「こいつは亡くなった奥さんに操を立ててるんだよ」
「そんなんじゃないって」
「じゃあ 何だよ」
「絡むなよ ほらっ 俺が注いでやる」
「舞ちゃんが戻ってくるの待ってるのに
勝手なことするな」
「まぁ 一途なこと ウフフッ」
「ハハハッ」


山岡賢三 70才

高校を卒業して川崎の会社に就職した

田舎者だったので東京にも横浜にも近い場所に
住めることだけでも夢のようだった

ただそこでの永住はしばらくして夢に散った

世間は好景気 会社も事業拡大を進めていて
係長代理だった32才の時に単身赴任で
この人口600人の大沼町にやってきた

栄転だったので断れるわけもない
部長待遇で給料も大幅アップが約束されていたのだ

すでに結婚していたが子供がまだ学生で
こんな田舎にいきなり連れてくるのは可哀相なので
妻と子供を置いて一旦はひとりで来た

新しい工場を任されたのは私を含めて5人
ひとりはここの生活に馴染めず退職し
工場長は定年を迎えてこの町を去っていった
ちなみにそのあと工場長を引き継いだのは私だ

残った3人は今でも毎日のように一緒にいる
いわゆる腐れ縁というやつだ


工藤誠 70才

同期入社だが若い頃から女遊びにばかり
精を出していたので私の方が先に出世していった
本人も別に悔しいと思ってないようで
度々飲み代をおごらされている

ここに来ても私との関係は変わらない
離婚した時に家まで奥さんに奪われたので
その後はうちで暮らすようになった

もう空気のような存在と言ってもいい
お互いのことを知り尽くしてる感じだ


三枝峰之 68才

後輩ではあるが同期みたいなものだ

3人の中では真面目な方で
ここに来てから結婚して子供を2人もうけた
すでに子供たちは都会に出て行ったが
奥さんと2人で今でも仲良く暮らしている

もし夫婦仲が悪くなったとしたら
毎日のように付きあわせてる私たちのせいだろう

三枝の奥さんはお酒が弱いので
滅多に同席することはない
ここが地元なので友達と会ったり
家族と会ったりしてるようだ



「三枝さん 今日はおとなしいわね」
「そういえばそうだな 何かあったのか」
「いやっ 大したことじゃないんですけど・・・」
「ここ最近ずっとこの調子だろ 三枝は」
「今日は特に無口だろ」
「もう年だから」
「おまえが一番若いだろ」
「そうだ そうだ」
「いやっ 工藤さん見てるとうらやましくて」
「ほとんど報われてないけどな」
「なんだと~」

「何か楽しそうじゃないですか」
「あっ 舞ちゃん やっと戻ってきてくれた」
「すぐに戻りますけどね」
「俺たちの方が常連だろ」
「向こうは上客だって ねっ ママ」
「もう 舞ちゃん それはオフレコでしょ」
「いいじゃないですか こちらのお兄さん方は
みんな優しいから」
「差別するっていうなら港町行っちゃうぞ」
「どうぞ どうぞ」

この町にはスナックが2軒ある
【スナックルビー】と【スナック港町】だ

かなりはっきりとすみ分けがされている
外部から来た人間はルビーで
地元の人間は港町に行く

なんだかんだ40年近くここで住んでいるが
一度も港町には入ったことがない

ここに来てすぐの頃に工藤が港町の女の子が
巨乳で可愛いから移籍しようと提案してきたが
工場で働く地元の人間の情報で辞めたことを知り
その計画は白紙に戻された

「おまえだけで行けよ」
「おいっ 裏切るつもりか 三枝は来るよな」
「行かないです」
「はぁ・・・親友以上の関係だと思ってたのに」
「うちに居候してる奴がよくそんなこと言えるな」
「それはそれ これはこれだろ」
「仲いいんだから もう」
「ハハハッ」

三枝の落ち込んでる理由がはっきりしたのは
帰り際になってからだった



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
プロフィール

北条光影

Author:北条光影

姉妹ブログ
ロリータ小説ABC

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ


リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!




アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析