FC2ブログ

孫娘狂騒曲(6)「やっぱり興奮したりしないんだね」

「やっぱり興奮したりしないんだね」

今は逆にボッキしない方が都合がいい
ただ桜のハダカを凝視は出来ない

「じゃあ 洗いあいっこしようよ
お湯も入ってないし」
「そうだな」

「おじいちゃんはハゲてないね」
「工藤はハゲてただろ」
「うん ハハハッ」
「でも白髪だらけだからな 俺の場合は」
「カッコいいよ」
「そうか それはよかった」

桜は胸はそんなに大きくない Bカップくらいか
垂れる心配はないが巨乳好きには物足りないだろう

興味なさそうに腕と同じように胸も洗っていった

「キャハハッ くすぐったい」
「下も洗っていいのか」
「おじいちゃん もうスッポンポンなのに
何を遠慮してるの おかしいよ」
「そうだな ハハハッ」

足をひと通り洗った後ワレメの方も洗っていった
あまり時間をかけないようにササッとだ

「もっとちゃんと洗ってほしいな」
「あっ あぁ」
「足をもっと開くからね」

指を這わせたい気持ちを抑えながら洗っていった
挑発されてるとしか思えない状況だ

「おじいちゃんってすごいね」
「えっ」
「全く反応しないんだもん」
「当たり前だろ」
「ううん 友達はおじいちゃんの背中流して
おこづかいをねだった時ボッキしてたって」
「まぁ 生理現象だしな」
「私なんてもう ほらっ」

乳首がいつの間にかビンビンになっている

「早く戻って彼氏探しした方がいいんじゃないか」
「ここにはいないかな いい男」
「いないいない いい男は若いうちに結婚してるしな
まぁ うちの工場に来てる期間工はいるが
結婚には不向きな奴が多いだろうし」
「そうなんだ」

桜は話をしながら素手で私のモノを洗い出した

「おいっ! 桜」
「ダメ?」
「いやっ こういうのはマズいだろ」

よく考えたら友達の話を聞いたということは
今日のこのことも桜の友達に筒抜けということだ

「もしかしてもうボッキしたりしないの?」
「何言ってるんだ そんなことはないが・・・」

そうかもしれないが そうは思われたくない

「これでどうかな」

桜はまさかの行動に出た 素手で触るだけじゃなく
いきなり口に含んでしゃぶりだしたのだ

「おっ おいっ!!!」

無下に出来ないがさすがにマズいと思い腰を引いた

「おじいちゃんのおちんちん咥えちゃった」
「びっくりさせるなよ 桜」
「あんまり驚かすと心臓マヒになっちゃうね」
「そうだぞ」
「ごめんなさ~い」

そういって今度はキスしてきた

「昔 肩車してくれたお礼だよ」
「ハハッ そっかそっか」

もう笑うしかない



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

姉妹ブログ
ロリータ小説ABC

カテゴリ
オススメ作品!



最新記事
電子書籍発売中!







blogmura
LINK
リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍人気BEST10
1.母と姉と
2.姉とワンルーム
3.義父と嫁の攻防戦
4.息子たちの嫁
5.母と息子の官能小説
6.父と娘の官能小説
7.清掃員美花
8.義母の誘惑
9.叔母と伯母
10.お説教
アクセスランキング
amazon電子書籍







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析