FC2ブログ

酒乱の姉と居候の僕(2)

「双葉団地のとなりのマンションまで」
「はい」

「姉ちゃん起きて 着いたよ」
「・・・」
「すいません すぐ起こしますので」
「2260円です」
「これで」
「早く起きてよ」

「はぁ」

エレベーターまで連れていくのが
またひと苦労なのだ
車寄せがあるマンションならよかったのに
道路のところから結構距離がある

「あとちょっとだから」
「もう大丈夫 ひとりで歩けるから」
「本当に」

姉は植え込みに入って寝転んだ

「あぁ もう!!」
「気持ちいい タツヤも一緒に」
「ダメだって 誰かに見られたら・・・」

何度か住人の人に見られたことがあるが
僕を気の毒に思ったのか苦情にされたことはない

「早く起きて」
「もうちょっと」
「ダメダメ」
「ヤダヤダ」

押し問答は続いたがなんとか部屋につれてきた

「はぁ 到着」

玄関先に姉を置き去りにして
自分の部屋に戻ろうとすると

「ちょっとベッドまで連れていきなさいよ」
「床の方が気持ちいいでしょ」
「何 私に逆らうの」
「もう」

ベッドまで連れていき任務完了だ

「おやすみ」

返事をする間もなく姉は眠ってしまった












関連記事
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
プロフィール

北条光影

Author:北条光影

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ



リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析