FC2ブログ

良妻と愚息(2)「ちょっと 良孝・・・これ置いていくわね」

「明日は学校行きなさいよ」
「うるさいな」
「熱なんてないんでしょ」
「黙れ ババア!」

そういえばババアと最初に言われたのはこの日だった

部屋からずっと出てこないので
昼に弁当とお茶を持って部屋に行った

トントンッ

ノックしたが返事がないので入ることにした

ガチャッ

そこで目にしたのが中腰でおちんちんをしごいてる
息子の姿だった 

「はぁ はぁ」
「ちょっと 良孝・・・これ置いていくわね」
「あっ あっ はぁ はぁ」

聞こえてるはずだがエッチな本の
ページをめくりながらしごき続けていた

その時にボッキした立派な息子のおちんちんを見た
立派と思ったのは夫よりも大きかったからだ

射精する瞬間まで見ていようかと思ったが
さすがに変に思われそうなので部屋を出た


その日の夜 息子の不登校を夫には知らせずに
私から求めていった

ギンギンになった夫のモノをしゃぶっていく

「おっ 激しいな おまえ」

口に出さないのはわかっているが
夫の気持ちよさそうな顔を見上げるのは悪くない

「じゃあ そろそろ・・・」

ゴムを素早く着けて正常位の体勢で
キスをしながらひたすら突いてきた

「はっ はっ どうだ」
「いいわ あなた あぁ~」
「子供たちに聞こえちゃうだろ」
「だってあなたがこんなに・・・あぁ~ あんっ」

「あっ あぁ~」

夫は早漏っていうほどではないが早い方だ
そもそも私はセックスでイッたことがない

「由香里 愛してるよ」
「ウフフッ 私も」

息子が反抗期真っ只中でも
寝室ではこんな会話が交わされいた

それくらい平和な家庭だったのに
どうしてこんな風になってしまったんだろう

準備も万端だったし体調管理も失敗しなかった
私には全く落ち度がなかったはずなのだ


「大学受験の失敗はおまえのせいでもあるんだぞ」

夫の言葉に愕然とした ショックを受けてるのは
息子だけじゃなく私も同じなのにひどすぎる

「あなたこそ無関心だったくせに勝手なこと言わないで」
「何だって」

これまでで一番の夫婦ゲンカだった

夫婦生活がなくなった以外は子供の前では
普段通りにすることにしてるが
今でも私たちの間にはわだかまりがある



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

姉妹ブログ
ロリータ小説ABC

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ


リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!




アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析