FC2ブログ

義母と義娘(1)「おまえそれでも人間かよ」

「おまえ 今 どこにいるんだ」
「教えるわけないでしょ バ~カ」
「何だと~」
「あんたってどこまでもお人好しね 
お母さんと娘を押しつけるために
相手してあげただけなのに」
「ふざけやがって・・・」
「見捨てるならそれでもかまわないけど
一応2人とも女だしあんたの貧相なモノを
ぶち込んでからでいいんじゃない ハハハッ」
「おまえそれでも人間かよ」
「あぁ やっとお荷物から解放されたわ じゃあね」
「おっ おいっ!!」



西島英二 40才

貧しい家で生まれずっと苦労してきた

今まで独身だったのは父親の介護で
それどころではなかったからだ

母親は父親が倒れてすぐに姿をくらました
それも兄貴と一緒にだ

土方をしながら介護の生活を10年続けた
父親が他界したのは2年前のことだ

『あぁ 酒がうまい』
『不謹慎な奴だな 葬儀の途中に』
『いろいろと世話になったな』
『うちの家業だからな』


木村康夫 39才 独身

今は家業である葬儀社を継いでいるが
長い間同じ現場で働いていた

介護をしていたので飲みに行くことはなかったが
昼休みにいろいろと話をして仲良くなった

お互いの愚痴の受け皿になっていたのだ



問題の妻と知り合ったのは
父親の葬儀のすぐあとだった

いつものように駅から家に向かって
帰っていると目の前で妻が倒れた

今思うと演技だったことはわかるが
当時は運命だと思い込んだ


『大丈夫ですか』
『す、すいません ちょっと貧血で』
『家はどこですか 送りますよ』
『すぐそこのアパートなんです』
『じゃあ 背中に乗ってください』
『いいんですか 私 そんなに軽くないですよ』
『父親の介護をしてたので力には自信あるんです』
『じゃあ お言葉に甘えて』

背中に乗せると必要以上に抱きついてきた
胸の感触までわかるくらいだった

『ありがとうございました』
『いえっ お大事に』
『また今度元気になった時にお礼させてもらいますね』
『そんなのいいですよ 気にしないでください』


そのあとは妻の計画通りに付き合うようになり
男女の関係になったあとに娘の存在を聞かされた

『今まで黙っててごめんなさい』
『いやっ そんなことはいいって』
『もう大きいから手はかからないんだけど・・・』
『そっか』
『英二さんと真剣に付き合いたいって思ったから
言うことにしたの このままでいいなら気にしないで』
『いやっ 俺は今日プロポーズしようと思ってたんだ』
『本当に?』
『あぁ でも突然そんな話を聞かされて・・・』
『もっと早く言っておけばよかったね』

涙目の妻に完全に心を奪われてしまった

いやっ その前にセックスで虜になっていたのだ
この女となら一生貧乏でも幸せに暮らせると



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
プロフィール

北条光影

Author:北条光影

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ



リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析