FC2ブログ

ある日、突然に(4)『ちょっと着替えるから』

父に続いて母までおかしくなってしまった

胸の谷間は明らかにわざと見せてたに違いない
そういうだらしなさが全くない母なのだ


「はぁ はぁ あっ あぁ~」


母のモノだとはいえ久々に生のおっぱいを
ネタにしてしまった

姉が出戻ってきてからまた二人部屋になったので
オナニーは浴室かトイレでしか出来なくなった
早く再婚でもして出て行ってもらいたいが
しばらく男は懲り懲りだと宣言してたので
かなり先になるかもしれない

もちろん僕が結婚して出ていければ最高だが
その予定は全くなく彼女いない歴は記録更新中だ

現在は23年 彼女がいたのは小1の時
それは含めないと言われれば29年になってしまう

童貞だけは何とか捨てたがもちろん相手はプロだ
成人式のあとに友達3人でそういう場所に行った
毎年恒例にしようと約束してたがどんどん裏切られ
彼女がいないのが僕だけになって行くのもやめた

ひとりで行っても虚しいだけだ

オナニーしてる方が気楽だし楽しい
それ以降は姉が出ていくまで個室ビデオ店に通っていた

姉が出戻ってきてからも月1回くらいは通っている


「優大 今日はゲーム付き合ってよ
明日は仕事休みでしょ」
「う、うん」

部屋に行くと姉が待ち構えていた

「明日は何も予定ないの?」
「あるよ 夜だけど友達と飲みに行く」
「そっか」
「姉ちゃんは?」
「いつものところに行くだけ」

姉は近所に住んでいる友達の家にほぼ毎日行っている
その友達には小さい子供が2人いるので
面倒をみながら世間話とかゲームをしてるようだ

ちなみに姉には子供はいない

「じゃあ 今日はこれね」
「また僕が勝っちゃうけどいいの」
「いろいろ戦略を勉強したから甘く見ないでね」
「あっ だからずっとやってなかったんだ これ」
「そう 友達のところでも結構やってるしね」
「巻き込んじゃかわいそうでしょ
シミュレーションなんて興味ないだろうし」
「無理やり相手してもらってるのよ」
「ハハハッ」


ゲームをする時はいつでも寝れるように
となりに並べて布団を敷く

いつもは少し離して敷いたりするが特に決まりはない
小さい時から同じ部屋なので気を使うこともない

ただ着替えの時は見ないようにしている
確か姉が中学に入った頃からだ

『ちょっと着替えるから』

そう言われることもあるが言われなくても
着替えはじめたら反対を向くのが当たり前になっている



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
プロフィール

北条光影

Author:北条光影

姉妹ブログ
ロリータ小説ABC

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ


リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!




アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析