FC2ブログ

母と息子の偽装生活(2)「可愛いわ 私のミツルは ウフフッ」

息子とはオフロも一緒に入っているし
同じ布団で並んで寝ている

大きくなった時にダブルサイズに買い替えた

息子はおっぱいが大好きだがワレメも時々は舐めてくれる
そのお返しでおちんちんを舐めてあげるのだ

小さい時から慣れているせいかすぐには射精しない
それにおちんちんは大きめだ
息子の実父は一生教えるつもりはないが
こんなに大きくはなかったので私のおかげだろう


「電車の中でもおっぱいあたり見たりしてるんでしょ」
「う、うん」
「あんまり見過ぎるとチカン扱いされるから気をつけてね」
「何度も言わなくてもわかってるよ」
「まぁ ミツルは怪しい顔してないから大丈夫だろうけど」

内気な性格だが見た目は爽やかな感じなのだ
ただ喋りは苦手なのでモテることはない

高校時代も後輩から告白されて逃げ帰ってきた


『ママ 告白されちゃったよ』
『おめでとう!久しぶりね それでそれで』
『えっ・・・何も言わずに帰ってきちゃったんだけど』
『はぁ 前に言ったでしょ ありがとうって言って
返事はまた今度って言いなさいって』
『だって急だったから・・・』
『もしかしたら初体験の相手になったかもしれないのに』
『今度はちゃんとそう言うから』
『その子がまた告白してくれるといいけどね
それでミツルはどう思ったの?』
『う~ん おっぱいはママよりも小さかった』
『まだ成長期だからおっぱいの大きさで決めちゃダメよ
もし小さくても私のおっぱいを触らせてあげるし』
『ずっと?』
『ウフフッ もちろんよ このおっぱいは
ミツルのモノだからね』
『ママもいろんな男の人と付き合っていいからね』
『本当に?嫉妬したりしないの?』
『するけど 僕も誰かと付き合うから』
『そうね でも私はミツルのあとでいいかな』


「じゃあ そろそろ寝ましょ」
「うん そうだ 明日のお弁当はごはんと
玉子焼きだけでいいよ カップラーメンと食べるから」
「わかったわ」

息子はいつもお弁当を残さず食べてきてくれる
それは小さい頃からだ

「ママ おっぱい出して」
「ウフフッ 今日は家に帰ってからずっとね」
「だって・・・」
「いいのよ ミツルのおっぱいなんだから
もう何も出ないけどね」

おっぱいを舐めながら寝るのはいつものことだ

「あっ 何だかムズムズしてきたから
おっぱいで挟んでもらいたい」
「昨日は出さずに寝ちゃったもんね」
「うん」

仰向けになっている私にまたがってきた

「元気なおちんちんね」

「あっ あぁ 気持ちいいよ ママ」

「ミツル いっぱい出してね 顔にかかってもいいから」
「うっ あっ あぁ~ あぁ~~~~」

今日は10分もかからずに発射してくれた
長い時は20分以上パイズリしてることもあるのだ


「おやすみ ミツル」
「うん ママ おやすみ」

息子は寝つきが元々いい方だが射精したあとは
本当に一瞬で熟睡してしまう

「可愛いわ 私のミツルは ウフフッ」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ



リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析