FC2ブログ

母と息子の偽装生活(4)「こうやって揉まれるのも久しぶりなんだろ」

「はぁ 何とか切り抜けたね」
「そうですね」
「じゃあ あとは任せたよ あんたも帰るかい」
「いやっ 今日はここで寝るよ」

1時に一旦奥様は家に帰る 戻ってくるのは5時半だ

オーナーも午後から2時間ほど休憩するので
奥様と一緒に帰ることもある
家は歩いて5分ほどの場所だ

店の奥に3帖ほどの休憩スペースがあって
私はそこで着替えているがオーナーが寝る場所でもある


「本当にこの2年間ずっと男がいないのか」
「もっと前からですけど」
「ひとりで寂しくないのか」
「私にはミツルがいますから」
「子供と男は別だろ」
「もちろんそうですけどミツルといれば
忘れていられるんですよ」
「まだ若いのにな」
「もう44ですよ」
「俺がその頃はブイブイいわせてたぞ」
「奥様に叱られますよ そんな話してたら」
「俺たちはもうそんなのは通り越してるさ」
「最近は仲いいですもんね」
「まぁ これだけ一緒にいればわかるよな ハッハッハ」

ひと言も話をしない時期もあったが
ケンカは長くても1カ月だ 何となく仲直りしている

夫婦なのできっと夜の生活で挽回してるのだろう


「えっ あっ オーナー ちょっと・・・」

オーナーがおっぱいを触ってきた

「あいかわらずいいおっぱいだな」
「またお客さんに見られちゃいますよ」

セクハラはここで働きはじめた時からだ

服の上からおっぱいとおしりを触ってくるだけだが
タケシさんとの偽装恋愛がはじまってからは
全くしてこなくなっていた

これが理由で偽装恋愛が終わってしまうことを
恐れていたのだろう

お客さんに見られて奥様に知られてしまった時には
辞めないように説得された

『この人の手癖が悪いのは昔からなんだ
もう二度とさせないから辞めないでおくれ』
『は、はい』
『すまなかったな フミコさん あんまりにも
魅力的だったものだから』
『余計なこと言わなくてもいいのよ 全く』

その時は1週間ほど手を出してこなかった


「何だかんだ 嫌がってないよな」
「もう魅力がなくなったのかなって思ってましたよ」
「タケシのことがあるから・・・」
「やっぱりそうだったんですね」
「本当に感謝してるんだ 近所の人にも親戚連中にも
男が好きなことバレてないからな」
「離婚した相手は大丈夫なんですか」
「ちゃんと慰謝料も払ったしな 口止め料も含めて」
「ウフフッ 大変ですね」
「子供の責任を持つのが親だろ フミコさんも
子供がいるからわかってるだろうけど」
「もちろんですよ 犯罪者になっても味方ですから」
「タケシはそこまでじゃないけどな」
「ハハハッ わかってますよ」

「こうやって揉まれるのも久しぶりなんだろ」
「もちろんですよ 2年前のオーナー以来ですって」
「本当か もったいないな こんないいおっぱいなのに」

息子に毎日のように揉まれてるがもちろん内緒だ

「なぁ 触ってくれないか ビンビンなんだ」
「お客さんが来たらどうするんですか」
「来たらやめればいいさ」
「さすがに店の中だと衛生的にアウトじゃないですか」
「ハッハッハ どっちが管理者かわからないな
休憩室に行こう すぐに終わるから」

正直いつかこんな日が来るだろうと想定していた
何をされてもこんないい職場を辞めるつもりはない
イヤなら奥様に話せばいい また謝ってくれるはずだ

「生乳を見せてくれないか」
「・・・わかりました」

ブラを外して服をめくった

「じゃあ 頼む」

オーナーのおちんちんを見るのははじめてだ
大きくも小さくもない

「ウフフッ オーナーのおちんちん見るの
今日がはじめてですよ」
「そうだったか 前に見せたと思ってたぞ ハッハッハ」

左手で服をめくって右手でおちんちんをしごいた

「あっ おぅ 上手いじゃないか」
「そうですか」
「はぁ はぁ もうイキそうだ」
「じゃあ・・・」

「あっ あぁ あぁ~~~~~」

休憩室の壁や床に向けて発射した


「ニオイがこもっちゃいますよ」
「そうだな 窓を開けておこう」

「ちょっとタケシさんのところに行ってきますね」
「そうか わかった」

気まずいのでカレーショップに行くことにした
休憩室の清掃はオーナーにひとりでしてもらおう



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ



リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析