FC2ブログ

酒乱の姉と居候の僕(3)

高校入学と同時なのでまだここに来て
1年も経ってないのにこういうことは
数え切れないくらいあった
地元の大学に通ってる時は親だったり
まわりにいる男友達が担当していた

姉はキレイ系でスタイルがよく
本性を知らない男は言い寄ってくる
それに飲んでない時はわりと普通なので
アルコールさえなければすでに
結婚してたかもしれない

とにかくお酒が好きなのだ
それもビールからワインからカクテル
なんでも美味しそうに飲む
限度までなら大丈夫だが
一定量を超えると壊れてしまう
記憶がないことも何度もあるそうだ

「おはよう 学校は?」
「今日土曜日だし」
「あっ あぁ」
「昨日のことは覚えてるの」
「ちょっとだけ」
「二日酔いじゃないの」
「全然 お味噌汁食べたいな」
「お湯沸かすよ」

「説教したそうな顔ね」
「わかる?」
「まぁね」

「三浦さんキレイだね」
「彼氏いるって」
「知ってるよ」
「あんた彼女作らないの」
「まだ・・・ちょっとね」
「あっ候補はいるんだ」
「一応」
「彼女出来たら私捨てられちゃうな~」
「お姉ちゃんこそ彼氏作らないの」
「先輩と飲んでる方が気楽だし」
「らしくない」
「今はってこと」
「それじゃ手塚さん結婚できないじゃない」
「違うの 私が今そのプロジェクトで
いろんな男性紹介することになってるのよ」
「面白がってない」
「だって面白いでしょ」
「手塚さんっていつから彼氏いないの」
「それは教えられないよ さすがに」
「まさか・・・」
「ノーコメント」

「今日は家にいるの」
「うん 明日先輩と遊園地だし」
「遊園地?」
「ナンパされるかもねぇ」
「どうせ帰り飲みに行くんでしょ
やめてよ また呼び出しとか」
「わかってるって あんたは」
「もう出かけるよ」
「どこ行くの」
「池袋」
「ふ~ん またゲーセンか」
「あっ お姉ちゃん」
「ダメよ 先週おこづかいあげたでしょ」
「昨日迎えに行ったじゃん」
「はぁ・・・1000円だけよ
お母さんに甘やかすなって言われてるのに」
「ありがと!」

実は僕にとって今日は特別な日なのだ
一緒のクラスになってからずっと
気になってる安田さんも来ることになっている
友達も一緒なので2人きりになれる
チャンスがあるかどうかわからないが
それでも楽しみでしかたない












関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
プロフィール

北条光影

Author:北条光影

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ



リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析