FC2ブログ

義母の悪行(2)「私たちって今までほとんど話したことないわね」

「ごめんなさい 遅れちゃって」
「まだ引越し屋さん来てないですし」
「そうなの?」
「あっ あのトラックですかね」

荷物は部屋に運び込まれた

「一息ついたわね」
「でもまだ冷蔵庫とか来るんですよね」
「そう ただ3時くらいって
時間指定もしてあるからまだよ」
「じゃ 片付けましょうか」

業者がだいたいの位置に
運び込んでくれてるので
そこまで大変な作業はない

「ごめんね 休みなのに」
「いいですよ これくらいのこと」
「これからはよく会うことになるわね」
「そうですね」
「仲良くしてね」
「当たり前じゃないですか」
「私たちって今までほとんど話したことないわね」
「確かにそうですよね」

沈黙がしばらく流れた

「ユリは元気そうね」
「元気ですよ 今日も料理教室の友達のところで
パーティーがあるからって」
「そうみたいね」
「でも夜は一緒に何か食べに行きましょう」
「私がおごるわ」
「いいですって」
「ダメよ これからは遠慮はなしにしましょ」
「でも・・・」
「いいから いいから」

ひとり分の荷物なので
あっという間に片付いていく

「思ったより早く終わりそうだわ」
「そうですね もう冷蔵庫も来ますし」

そして冷蔵庫も運び込まれガスの開栓も終わり
だいたいの作業は終わった

「あとは服と食器の整理だけだから
イクオくんは休んでて」
「手伝いますよ」
「いいのよ これは」

缶コーヒーを飲みながら
義母の作業してる姿を眺めていた
大きなおしりに目がいく
今まで女性として見ていなかったが
2人きりということで変な気分になってきた

「退屈よね これでも見てて」

義母はアルバムを持ってきたが
その時胸の谷間に目がいってしまった

「えっ はい」
「ユリの持ってない写真もあるわよ」
「そうですか」

そこで携帯が鳴った

「もしもし あっ 大丈夫だったよ
えっ 7時に駅か わかった 一緒に行くよ
お義母さんに代わろうか」
「ユリ?」
「はい」
「もしもし うん だいたい終わったわ
思ってたより早くてびっくりよ
今日は私がおごるからね えっ あんたまで
ハハハッ 似たもの夫婦ね」

「ユリも同じこと言ってたわ」
「そりゃそうでしょ」
「お金に困ったら頼るから心配しないで」
「えっ」
「ハハハッ」

まだ2時間以上もある
やることがないこともあって
義母の体に目は釘付けになっていた
いつもなら動画でオナニーしてる時なので
なおさら頭がそっちにいってしまう

「暑いわね」

義母は上着を脱いだ 中に着てるものは
下着の線がはっきり見える服だ

「そういえばエアコンついてないですね」
「まだ扇風機にするかエアコンを買うか
迷ってるところなの」
「エアコンは買った方がいいですよ」
「やっぱり暑いの? このあたりって」
「夜も気温下がらないですよ あっちと違って」
「そっかぁ じゃあ 買わないとね」

「そういえばどうしてこんな急に?
ユリに相談すればエアコンのことも聞けたでしょ」
「えっ まぁね そうだ ほらっ
ずっとユリに言われてたでしょ 同居のこと」

何か隠してるような気がした

「お義母さんは地元を離れたくないから
同居を反対してるものだと思ってました」
「えっ もちろん地元は好きよ
生まれ育ったところだし
でもまぁこれから年もとっていくし
ひとりの時倒れちゃったら
余計心配かけることになっちゃうから」
「僕らはうれしいんですけどね」

「イクオくん これ 上にしまってもらえる」
「ここじゃ取りにくいんじゃないですか」
「あまり使わないものだから大丈夫よ」

イスの上から義母を見下ろすと谷間がさらに
はっきりと見えて私は興奮してきた
義母は義父が亡くなってから
どうやって処理してきたのだろう
彼氏でもいたんだろうか

「お義母さん再婚とか考えてないんですか?」
「えっ!?」
「すいません つまらないことを聞いて」
「ううん ただ肝心の相手がいないし
こんなおばさんだしね」
「そんなことないでしょ まだまだ若いですよ」
「うれしいわ でも意外ね」
「えっ」
「ユリがあんまり褒めてくれないって嘆いてたわよ」
「あっ」
「私に聞いたとか言わないでね」
「言わないですよ」
「2人にはずっと仲良くしてもらいたいから」
「はい ありがとうございます」

そんなことを言いながら
私の頭の中は義母の胸でいっぱいになっていた
この柔らかそうな谷間に差し込みたい

「汗かいちゃったわ
食事に行く前にシャワー浴びないと」
「僕も・・・」
「じゃ一度家に戻る?」
「そうですね じゃ6時半くらいに
迎えに来ますね」

そう言って義母の部屋を出た

家に戻りシャワーをしながらオナニーした
もちろん義母にパイズリされてることを想像しながらだ



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
プロフィール

北条光影

Author:北条光影

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ



リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析