FC2ブログ

義母の悪行(7)「扇風機のおかげでよく眠れたわ」

「扇風機のおかげでよく眠れたわ」
「そうですか よかったです」

あいさつは普通だがそれだけではすまない

「私 言わなければよかったかなって」
「僕が無理やり聞いたみたいなものですから」
「気まずいわよね」
「いえ そんなことないですよ
距離が縮まったような気がしますし」

「イクオくんの秘密も教えてよ
ユリには言わないから」
「それがないんですよね 残念ながら」
「そうなの?」
「ユリから聞いてるかもしれないですが
初めての相手ですし」
「本当だったの その話」
「はい はじめて付き合った女性です」
「イクオくんって貴重ね 性格も顔も
悪くないのにずっとひとりだったなんて」
「恥ずかしいですが まぁ」

唯一秘密があるとすれば義母に興味を
持っていることくらいだ

「土曜日 またイクオくん借りるわよ」
「エアコンでしょ 高いの買わされない様に
見張っててよ お母さんってお人よしだから」
「ハハハッ わかってるよ」
「大きいのはいらないんだから ここなら」
「お義母さんベッドは買わないんですか」
「部屋が狭くなるし」
「最近はベッドじゃなくてマットが人気よ
ほらっ低反発のマット うちは使ってないけど」
「それも見に行きましょうか
電器屋の近くにありますし」
「そうね」

土曜日の義母との買い物デートを
楽しみに私はいつになく仕事を頑張った

「ミヤケくんどうしたんだ
何かいいことでもあったのか」
「えっ どうしてですか」
「なんだかイキイキしてるじゃないか
シンドウさんもそう思わないか」
「私もそう思ってました
もしかしておめでたですか?」
「いえっ そんな 普通ですよ」

気をつけなければいけない
社内ではいいが妻に気づかれるとやっかいだ



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ



リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析