FC2ブログ

義母の悪行(14)「いつか天罰が下るわ」

「お義母さん うちで同居してください」
「話を聞いてた?」
「もちろんです」
「だから2人は・・・」
「見捨てればいいでしょ」
「何言ってるの? 私のために・・・」
「ユリに話しますよ」
「えっ」
「警察にも話します」
「ちょっと・・・」

義母の携帯が鳴った その携帯を強引に私は奪った

「何してるの!?」

もう無我夢中で義母を突き飛ばした

「ミズエちゃん ごめん・・・はぁはぁ」
「・・・」
「スギモトの奴が来なくて計画が・・・はぁはぁ」
「・・・」
「でも 俺ミズエちゃんのためだったら
何度でもあいつを・・・」
「・・・」
「何とか言ってくれよ」

「カナイさんですね」
「イクオくん!!!!」
「誰だ おまえは!」

「お義母さんにこれ以上つきまとったら
警察に通報してやるからな」
「お義母さん? はぁはぁ
なんだよ ミズエちゃんを出せ」
「うるさい! もう電話してくるな!」

私はその携帯を叩き割った

「ハハハッ」
「ちょっと・・・」
「お義母さんが悪いんですからね
この電話もすぐ解約してください」
「カナイくんはあきらめないわ」
「ここに引越してすぐ現れなかったでしょ
それくらいの男なんですよ」
「イクオくん 落ち着いて」
「落ち着いて聞いてられるわけないでしょ
始末ってなんですか 殺人ですか?」
「そこまで言ってないわ」
「同じようなもんでしょ 痛めつけるんなら」
「それが・・・」

そういう始末の仕方ではないらしい
地元にいられないようにするために
2人を使って周到に陥れるつもりだったのだ

「その話 本当ですか?」
「本当よ でも・・・」
「でも 何ですか?」
「この間の先生にはカナイくんが制裁をして
だから嫌々だったけど代わりに償ってたの」
「えっ」

聞いてた話と全然違う

「それで私だけそんな暮らしから逃げてきたの」
「そもそもどうしてそんなに2人を」

「私を解放してくれたの」
「えっ」
「前に話したこともほとんどウソなの
夫を好きだったってことなんてすべてデタラメ
・・・無理やりされたのよ それも2人の前で」
「えっ!?」

またも頭に地獄絵図が浮かんできた

「ユリのこと愛してるって頭で思っても
半分あの人の血が入ってると思うと・・・
そうじゃなければイクオくんと
あんなこと出来るはずないでしょ」
「そういうことですか・・・」

頭の中を整理した

「もしかしてお義父さんは・・・」
「聞かないで」

なんとなく予想が出来た
きっと2人いやっ義母も入れて3人で
何か仕組んだのだろう

「わかったでしょ」
「でも僕もお義母さんのことが・・・
地元に戻るわけじゃないでしょ」
「そうね でも3人で暮らすつもりよ」
「こっちに来てもらえばいいじゃないですか」
「えっ!?」
「それでお義母さんは私たちと同居しましょう」
「そんなの・・・」
「悪くないでしょ」

義母は少し考えたあと笑顔を見せた

「最低の母親になるわね」
「いいんですよ ユリはそんな義父の
血も入ってるんですから」
「でも悪い子じゃないわ」
「僕も最低ですよ こんなこと考えるなんて
だからお互い様でいいじゃないですか」
「いつか天罰が下るわ」
「それまで楽しく暮らしましょう」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ



リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析