FC2ブログ

兄の本性(7)

「落ち着いた?」
「ずっと会ってなかったし
ピンとこないっていうか」
「私もよ」

叔母が兄のことで電話をしてきた

そういえばマサキは今どうしてるんだろう
叔母からは何も聞いていない
もちろん私に気を使って話題に出さないのだ

「マサキさんは最近どうしてるんですか?」
「えっ・・・珍しいわね」
「ちょっと気になっちゃって 家を出てからは
どうしてるか全く聞いてないし」
「知りたくもないでしょ あんなことされて・・・」
「もう気にしてないですよ 中学の時の話だし」
「そういってくれるとうれしいけど
同じ女として許せないからね あの子のしたことは」

マサキの味方をしてたらとっくに絶縁状態だ

「結婚はしてますよね」
「そうね とっくに離婚しちゃったけど」
「じゃあ 今は一緒に暮らしてるんですか」
「そう あの子と2人暮らしよ」
「叔父さんは?」
「恥ずかしいから黙ってたけどとっくに離婚してるの」
「そうなんだ」

確かに私に告白する必要はないかもしれない

「チグサちゃんが結婚しないのは
あの子のせいでしょ」
「そんなことないですって ただモテないだけで」
「あぁ 責任感じちゃうわぁ」
「だから 本当にもう気にしてないですって」
「本当に?」
「はい」

なんとか納得してくれたようだ

「仕事とか聞いてもいいですか」
「あっ マサキ?」
「はい」
「もう42なのにコンビニでバイトよ
うちにお金も入れないでフラフラしてるわ」
「そうなんだ」
「まぁ 自分の子だから仕方ないけど」
「大変ですね」
「結婚前のチグサちゃんに聞かせる話じゃないわね
うちの子は特別だから気にしないで」
「はい」

そこまで不幸ってわけでもないようだ

まぁ 悪い男が地獄に落ちるなんて幻想だ
女が地獄へ落とさない限り悪事を続ける

「今度遊びに行ってもいいですか?」
「うちに来るの?」
「家を出てから訪ねたこともないし」
「マサキに鉢合わせるかもしれないわよ」
「叔母さんが叱ってくれてからは
ずっと無視されてたし大丈夫ですよ」
「まぁ でも私のいる時に来てね」
「わかりました」

マサキと20年ぶりの再会か

あのいたずらは兄の仕業だったので
よく考えれば大したことをされていない
別に犯されたわけでもないし
ちょっとハダカを見せあった程度のことだ

「あっ でもダイエット終わってからにします」
「ウフフッ どうしたの 気になる男の人でもいるの?」
「兄のことがあっていろいろ考えちゃって」
「そうね あんな寂しい・・・ あっ ごめんね
私よりチグサちゃんの方がつらいのに」
「だからピンと来てないですって」
「そっか じゃあ ダイエット終わったら連絡ちょうだいね」
「はい」

叔母とはこれから仲良くなれそうな気がする
この間会ったばかりだがまさか離婚してるとは
夢にも思わなかった



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ



リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析