FC2ブログ

叔母と少年(17)

「じゃあ 宿題しましょ」
「う、うん」
「ユウマもここにいる間にしておけば
あとはずっと遊べるんだから」
「わかったよ」
「えっ!?」

ユウマが言うことを聞いてくれるなんて

「叔母さん あのお姉ちゃん今度いつ来るの?」
「会いたいの?」
「またゲームしたいなって」
「じゃあ 連絡してみようか」
「うん してして」


「もしもし フミカちゃん 起きてた?」
「はい」
「ユウマに随分好かれたみたいね」
「ナオミさん 本当にありがとうございました」
「また会いたいって言ってるんだけど・・・」
「本当ですか? ただバイトがあって」
「そっか 木曜までうちにいるんだけど
ずっとバイトあるの?」
「はい コミケのためにシフト代わって
もらったりしてたんで もう休めなくて」
「そっか じゃあ またうちで預かるときにでも・・」

「替わって」

ユウマは私から携帯を奪って話はじめた

「お姉ちゃん 一緒にゲームしようよ
えっ うん そんなのいいじゃん 来てよ」

モテモテだな フミカちゃんは

「う、うん わかった」

「どうだって?」
「ダメだって」
「そっか」

ユウマはふてくされてリビングから出て行った

「ごめんね フミカちゃん」
「いえっ 今度預かる日がわかったら教えてください」
「まぁ うちの親がいたら好き勝手出来ないけど
じゃあ またね」
「はい」



「ユウト 宿題しようか」
「うん」

明日両親が帰ってくるので
3人きりでいられるのは今日までだ

私はユウマにも弱点が出来たことに気が付いた
フミカちゃんと繋げるのは私だけなのだ


にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ



リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析