FC2ブログ

叔母と少年(18・完結)

「ねぇ 今日は3人でオフロ入ろっか」
「2人で入ればいいじゃん」
「ふ~ん 私にそんなこと言っていいのかな」
「何だよ」
「そんな態度取るならもうフミカちゃん呼ばないよ」
「えっ・・・」
「いいの?」
「入るよ 入ればいいんだろ」

やっぱり弱点になってる


「叔母さん 昨日みたいにおっぱいで洗って」
「そうね ユウマもしてあげようか」
「いいよ 俺は」
「あれっ 私に歯向かうんだ ふ~ん」
「あぁ~ 勝手に洗えばいいだろ」
「ユウト 一緒に洗ってあげましょ」
「うん」

ユウマはすぐにボッキしてくれた

「あっ お兄ちゃん 本当に動くんだ」
「だから言っただろ」
「すご~い 僕も動かないかなぁ」

「私のおっぱい見てこんなにしちゃって
エッチなんだから」
「叔母さん おかしくなったの?」
「そんなこと言うなら こうしちゃう」
「わっ わっ」

思いきっておちんちんを握ってみた

「ユウト お兄ちゃんにカンチョウして」
「わかった」
「何がわかっただよ やめろよ」

「カンチョ~!!!」
「あっ おいっ」

「こうすればどうなるかな」
「えっ あっ あぁ~」

それがはじめてだったのかはわからない




「このことは内緒だからね」
「うん 叔母さん」
「ユウマもわかった?」
「う、うん」

「気持ちよかった?」
「・・・うん」
「そっか もっとしてほしい?」
「・・・うん」



禁断の関係に拍車がかかった瞬間に
私は絶頂を迎えた



-おわり-


にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ



リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析