FC2ブログ

新しい兄妹(1)「私もサービスしてあげよっかな」

「お兄ちゃん!」

「あっ あぁ フミカ」
「ウフフッ」


小岩フミカ 24才

離れ離れになっていた兄と22年ぶりに再会した

兄は多少記憶あるだろうが私には全くない
父が若くなったような男が急に現れた感じだ


兄はタケル 29才

ずっと母と暮らしていたが再婚することになり
邪魔になったのか親たちの話し合いでこっちに来た

うちにとって悪いことではない
生活が潤うことは間違いないからだ


『パパ やっと団地から脱出出来るね』
『すぐに結婚するかもしれないぞ』
『婚約者とかいるの?』
『いやっ 彼女もいないって聞いてるけどな』
『モテないんだ お兄ちゃんって』
『俺も詳しいことは知らないって
会ってからいろいろと聞いてみればいい』
『あぁ 楽しみだなぁ 貯金たくさんあるかなぁ』
『困った奴だな』
『お兄ちゃんにわがまま言うのは妹の特権なんでしょ』
『まぁな ほどほどに甘えればいい』


父はテルオ 52才

ハゲてるので年齢以上に老けて見える
優しいことだけが取り柄のお人好しだ

給料が少ないのでうちはずっとプチ貧乏をしている
私が無駄に私立の女子校に行ったことも関係あるけど


「まぁ 徐々に慣れてくるさ」
「それでお兄ちゃんはパパのこと何て呼ぶの?」
「あっ 親父とか父さんとかどうしようかなって」
「俺は何でもいいけど昔はパパって呼んでくれてたな」
「ハゲちゃってパパって感じじゃないよね
私はもう変えられないけど」
「じゃあ・・・親父でいいかな」
「あぁ」
「親父っぽいよね この頭は お金があったら
増毛とかカツラとかいろいろとごまかせるけど」
「今さら手遅れだって」
「そんなだと一生再婚出来ないよ」
「別にいいさ とりあえずフミカが嫁に行くまでは
そういうのは考えてないし」
「彼女は早めに作ってよ 寂しい老後になっちゃうから」
「あぁ わかったわかった」

「ハハハッ 仲良さそうだなぁ」
「そりゃあ ずっと2人暮らしなんだから
お兄ちゃんはママと仲悪かったの」
「う~ん 反抗期もあったり大人になってからは
お互い家にいないことも多かったから」
「ママって遊び人なんだね」
「仕事の延長ってこともあるけど」
「ホステスさんだっけ」
「あぁ 天職だって言ってたから
まさか再婚するとは思わなかったよ」
「運命の男に出会っちゃったのね パパ以外の」
「そうかもな」

「でも本当に俺が部屋使ってもいいの」
「さすがに一緒だと気を使うだろ」
「別にいいんだけど」
「ちょっと窮屈だからな こっちの方が俺もいいんだって」

うちは2DKなので部屋が2つしかない

ひとつは私が使っているので父の部屋を
兄に使ってもらうことにした

ちなみに父のモノはすべて居間に移動させた
食卓の横に父の簡易ベッドがあるという感じだ


「マンションからだとかなり狭く感じると思うけど
なんとかガマンしてくれ」
「そんなの気にならないって」
「ウォシュレットだったんでしょ」
「あっ まぁ そうだな」
「お兄ちゃん すぐに結婚しないなら引っ越そうよ」
「それもいいな まぁ 親父が決めることだけど」
「私もちょっとは家にお金入れるから」
「本気か フミカ バイトの給料半分入れるって」
「そんなこと言ってないでしょ 2万くらいなら・・・」
「ハハハッ 本当に気持ちだけだな
2万じゃデザート代にしかならないぞ」
「もう!パパがもっと稼げばいいでしょ」
「禁句を言ったな おまえ~」
「ケンカしないで 2人とも」
「ウフフッ ケンカじゃないよ 漫才だから」
「そうだぞ タケルもフミカの言うことは
話し半分で聞いてればいいからな 2万もウソだろうし」

「アイスでも食べよっかな お兄ちゃんも食べる?」
「あっ あぁ」
「バニラとオレンジ どっちがいい?」
「じゃあ オレンジで」


父は私に気を使って友達を家に連れてきたりしないので
この家に父以外の男がいること自体不思議な感じだ

覚えてるところだとエアコン掃除の人と
小さい頃私の誕生日会に友達が連れてきた弟くらいかな

あとこの家は私のための家という感じになっている
兄が使う部屋以外は女の子仕様だ
ぬいぐるみやおもちゃはかなり整理したが
私が描いた絵も飾ってあるしシールもペタペタ貼ってある


「お兄ちゃん」
「うん?」

「じゃあ 俺はフロにでも入ってくるかな
フミカがいろいろと聞きたいらしいから」
「はいはい 行ってらっしゃい」

「よく見るとあんまりパパと似てないね」
「そうかな 母さんはそっくりだって言ってたけど
髪の毛があるからじゃないか」
「ハハハッ そうかも 私はママに似てる?」
「いやっ 顔は似てないかな」
「じゃあ 性格は似てるってこと?それともスタイル?」
「性格だけどそんな感じがするだけかな」
「全然ママのこと知らないから反応しづらいよ」
「ただ母さんよりもキレイだけどな」
「やったぁ でもサービストークじゃないの それって」
「そんなことないって」

兄は私の顔だけじゃなく全身を見ながらそう言った

「私もサービスしてあげよっかな」

立ち上がってスカートをめくった

「えっ あっ やめろって 何してるんだよ」
「ウフフッ だって慣れておいてもらわないと
パンチラくらいでびっくりされると困るから」
「まさか いつも・・・」
「そんなことないよ 昔はすっぽんっぽんで
走り回ってたけど一応もう大人だから」
「そっか」
「お兄ちゃんもパンイチくらいならOKだからね」
「ハハハッ」
「付き合いやすい妹でしょ」
「そうだな」

「仲良くしてね」
「あぁ こちらこそな」


にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ



リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析