FC2ブログ

新しい兄妹(4)

「じゃあ 行こっか お兄ちゃん」
「あぁ」

今日の夜ごはんは回転ずしと連絡が入った
父とは店で合流することになっている

歩いて10分ほどのところにあるらしいので
妹と2人で向かうことにした


「私とお兄ちゃんって似てるかな」
「どうだろうな 似てるところもあるんじゃないか」
「顔はそんなに似てないよね」
「他人に聞けばそっくりっていうかもよ」
「そんなことないって」

「う~ん」

妹の顔をマジマジと見つめてみた

「似てるところ見つかった?」
「輪郭は同じな気がする」
「あぁ そうだね パパも同じだけど ママは違うの?」
「違うな」

「いつからショートカットなんだ」
「年末に切ったんだけど似合ってないかな」
「そんなことないって 可愛いよ」
「ウフフッ あっ 髪が長い時の写真見せてあげるね」

全然雰囲気が違う

「どうかな」
「今の方が若く見えるな 長いと大人っぽいっていうか」
「お兄ちゃんはどっちが好み?」
「どっちもいいと思うぞ」
「優柔不断は嫌われるよ」
「ハハハッ」
「あっ 笑ってごまかすつもりだ」
「バレたか ハハハッ」


「今日はどこ行ってたの」
「あぁ 友達のところにな 店やってるんだけど
昼間は暇だから」
「お店やってるなんてすごいね」
「あっ いやっ 雇われ店長だから」
「そうなんだ それでもすごいよ」

何の店か聞かれると思ったが大丈夫そうだ

「あっ そうだ 今彼氏いないんだよな」
「うん」
「その友達を紹介したいんだけどダメか」
「お兄ちゃんの友達を私に?」
「そんなに悪い奴じゃないから 顔はこれだ」

大森の写真を見せた ガッチリ系が苦手じゃないなら
いきなり嫌われるようなことはないはずだ

「スーツ似合ってるね」
「これは友達の結婚式に一緒に行った時のだから
普段はこんなにキメてないけどな」
「ふ~ん」
「興味ないなら忘れてくれ」
「ううん お兄ちゃんの友達なんだから
どっちにしても会うでしょ」
「まぁ そうだな」
「付き合うかどうかわからないけど・・・いいよ」
「本当か?」
「お兄ちゃんも一緒にでしょ」
「もちろん」

「そうだ 私の友達も一緒でいいかな
同じ団地の違う棟に住んでるんだけど」
「あぁ もちろんもちろん ちなみのその子は
彼氏がいたりするのか」
「お兄ちゃんも出会い求めてるんだぁ」
「彼女いないって昨日話しただろ」
「やっぱりや~めた まだ私とも仲良くないのに
先に友達と仲良くなられたら嫉妬しちゃうもん」
「何を言ってるんだよ フミカは一生妹なんだから
仲良くなるも何もないだろ ずっと大切にするって」
「本当に?」
「あぁ」
「じゃあ デート中でも私が呼び出したら来てくれる?」
「当たり前だろ 妹がピンチなのに
デートなんて楽しんでられないって」
「ふ~ん じゃあ いっか 手繋ごうよ」
「見られてもいいのか」
「知ってる人に会ったらお兄ちゃんだって紹介するから」
「フミカがいいなら じゃあ・・・」

妹と手を繋いで店に向かった

俺はこっちに知り合いがいないのでこの時間を楽しんだ
こんな簡単に体に触れるなんて・・・

あぁ 昼間のオナニーを思い出してしまう


「パパ~」

「ハハハッ 手を繋いで来たのか」
「私が無理やり繋いじゃったの」
「ハハッ」
「こんなに早く打ち解けてくれて嬉しいよ
小さい頃はおまえたち険悪だったから」
「そうなんだ」
「タケルも覚えてないのか」
「う~ん 母さんと寝てたことだけは覚えてるけど」
「普通その時期だと母親と寝るのはフミカだからな」
「お兄ちゃんってマザコンだったんだね」
「マザコンって・・・」
「フミカを突き飛ばした時はさすがに俺も怒ったけどな」
「ひど~い」
「いやいやっ その時フミカは喜んでたぞ」
「ハハハッ そうなんだ」
「いつも遊んでくれないのに相手してくれたからだろ」
「私はお兄ちゃんのこと大好きだったんだね」
「そもそもフミカは天使だったからな」
「今もでしょ!」
「あっ 親父 地雷踏んだんじゃない」

「ハハハッ じゃあ 食べるぞ~」
「パパ~」


「お兄ちゃん さっきからサーモンばっかり食べてるね」
「あぁ いつも半分くらいはサーモンだから」
「パパと一緒だね さすが親子だなぁ」
「そうなんだ 親父」
「俺の場合は半分どころか全部の時もあるけどな
サーモン10皿と茶碗蒸しとか」
「そっか そうだね」
「フミカもサーモン好きだったんだけど
最近は貝にハマってるんだよな」
「うんうん 赤貝が特に好きなの あとエンガワ」
「あぁ 俺もエンガワは必ず食べるよ」
「家族だねぇ ウフフッ」
「ハッハッハ」

赤貝好きの妹とか・・・大森が喜びそうだな


にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ



リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析