熟母縛り(4)「タコにはそっちのお酒の方が合うかもね」

「乾杯!!」

まずビールを飲みながら近況報告をし合った
頭の中はどうやって縛ろうか絶賛妄想中だ


「じゃあ そろそろこっち・・・」
「タコにはそっちのお酒の方が合うかもね」
「あぁ じゃあ 注いでやるよ」
「ウフフッ」

トクトクトクッ

「母の日に乾杯!」
「ありがとね 光太」

怪しまれないようにひと口飲んでみたが本当に強い酒だ

「飲みやすいけど・・・強いお酒ね」
「俺も初めて飲むから 度数は・・・20度だって」
「もっと高いような気がするけど」
「じゃあ 別のお酒買ってこよっか」
「ううん せっかくもらったんだから」
「あんまり無理しないで」

心配してるフリをするのも脳内リハ通りだ

「家なんだから酔っ払ってもここで寝るだけじゃない
それに明日も泊まっていくんでしょ」
「あぁ うん」
「ごはんは外で食べましょ」
「そんなの出前でいいって」

明日は首輪をつけてハメまくる予定なのだ
外で食事してる時間がもったいない



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

関連記事
プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介
最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1101位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
49位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK
リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析