父子家庭哀歌~俺の娘の下着姿を見せてやる!~(1)

「こんなことになって本当にすまないな」
「またその話? もう楽しんでるって言ってるでしょ」


尾崎満男 62才 無職

タイル職人として働いてきたが
体を壊して仕事を失った

娘 綾子 40才 無職 未婚

自転車で赤信号で渡っている時にひき逃げされて
足を骨折し後遺症が残り職場復帰出来なくなった

離婚した時には母親の方についていったが
元妻が再婚するタイミングでこっちにやってきた

まだ2人で暮らして1年も経っていない

お金を貯めてこのアパートを出ようと
していたが治療費でほとんど消えてしまった

間取りは2K 浴槽はなくシャワー室だけある


「今からでもやめて生活保護って道もあるぞ」
「やっぱり自信ないんでしょ 私じゃ・・・」
「そうじゃないって」
「顔をさらすわけじゃないし割り切るってば」
「ふぅ・・・最低の父親だな 俺は」
「また?泣かないでよ」

「じゃあ これに着替えてくれ」
「お父さん はじめる前に私の体をじっくりと見て」
「あっ あぁ」
「どうせ撮られるならキレイに撮ってもらわないと」

娘は私の目の前で全裸になった

下着姿をチラッと見かけることはあるが
裸を見るのは何十年ぶりだ

「これ はみ出しちゃうかもね」

自然なままの濃いめの陰毛がイヤらしい

「こっちも垂れちゃってるし」

大きめの乳輪に垂れ乳 少し動いただけで揺れている

「うしろを向いてくれ」
「う、うん」

おしりも垂れ気味だが大きい 安産型だ
一緒に暮らしはじめてからは男の影は見えないが
いろいろと経験してるだろう

「長野さんは月曜日に来るんだよね」
「あぁ」
「こんな風に見せてあげた方がいいかな」
「いやっ あいつは隠れてるのが好きだから」
「ウフフッ 変わってるよね」
「先に言うと意味ないが覗かせてやってもいいか」
「寝てる時とか?」
「あぁ シャワーしてる時とかな」
「バレバレだよ あんなに狭いのに」
「ハッハッハ そうだな」

長野直樹 46才 タイル屋の次男坊

年は離れてるが話が合うので仕事をしてる時は
時々飲みに行っていた 今回の件は長野の提案だ



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介
最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1101位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
49位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK
リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析