嫁の熱風・義父の企み(1)「息子のおこぼれもいいもんだぞ」

「息子のおこぼれもいいもんだぞ」
「うちは家内が健在だから無理だろ」
「旅行にでも行かしちまえばいいじゃないか」


河内太郎 68才 

妻 花江 60才 息子 太一 37才

女に縁のなかった内気な息子がようやく結婚した
もちろん見合いで顔はダテメガネでごまかした

嫁 明美 39才

見るからに売れ残りという顔だが
体はムチムチしていて張りがある
顔合わせが真夏だったのではっきりと体の線が見えた
まだ息子とキスもしていない頃だ

『何だ おまえ 抱き合っただけで
帰ってきちゃったのか』
『う、うん ダメだったかな』
『結婚を前提に付き合ってるんだ キスくらいしてこいよ』
『したことないし・・・』
『はぁ・・・ネットで学習したんだろ』
『う、うん じゃあ 次はしてみるよ』
『今度はないかもしれないぞ』
『そんなことないよ 喜んでたし・・・』

『あなた 本人同士がよければいいじゃないですか』
『まぁ 明美さんも本当か嘘かわからないが
誰とも付き合ったことないって言ってたけどな』
『本当みたいだよ』
『モテない男とモテない女は全然違うんだ なぁ』
『ウフフッ そうね』

妻とも見合いだったが同じことを言っていた
ただ息子が生まれたあとに本当のことを話してくれた

『本当はあなたがはじめての男じゃないの』
『ハッハッハ やっと白状したか
何人の男に抱かれたんだ 俺よりも多いのか』
『・・・はい 4人です』

俺は妻の前には2人だけでそれも1回づつだった

『その4人とのセックスを詳しく聞かせてもらわないとな』
『怒ってないんですね』
『あぁ 余計興奮する お仕置きさせてもらうぞ』
『・・・はい お願いします』


引っ越しの手伝いはいらないと言われたので
友達と昼間から飲んでいる

木下優作 68才 元同僚で50年来の友達

結婚は2回失敗して現在は独身
年老いた母親とふたりで暮らしている

子供は俺と同じく息子がひとりで嫁もひとり
2年前から木下の母親の面倒を見るために
週に何度か家に来ているのだ

その嫁にセクハラまがいのことをしてるのが
木下というわけだ


「家に帰ったら嫁がいるのか
あぁ まだ信じられないな」
「早めに招待してくれよ」
「しばらくは無理だろうな この間やらかしただろ」
「はぁ・・・本気で嫌われたか」
「嫌われてないって ただな・・・」

年に数回 会社の元同僚たちとうちで飲んでいるが
先月の集まりで木下は脱いでしまったのだ
俺や一緒に飲んでた友達にとっては
普通のことだが場所が悪かった

妻は木下のちんちんが見れて嬉しそうだったが
さすがに嫁にそんなみっともない姿は見せられない

「俺も年だよな 飲んでる場所を忘れるなんて」
「先にボケるのやめてくれよ」
「ハハハッ 女のケツを追い回してる間はボケないって」
「まぁ そうだな」





U-NEXTはアダルト(AV)も15000作品以上見放題!! 
※別料金ではなく月額1990円の中に含まれてます※

新しい作品も続々リストアップされジャンルも幅広いのでとにかくオススメ!!
まずは無料で楽しめますので気軽にチェックしてみてください

-------------------------------------------------
本ページの情報は2019年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。
-------------------------------------------------

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介

最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
974位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
42位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK
リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析