姉の右手(1)「その言い方やめろって 姉ちゃんは姉ちゃんだから」

「あぁ どうしてこんなに生身の女と縁がないんだ」
「男子校出身でこの仕事してれば無理ないよ」


根本ソウタ 金型工 童貞 チビ 仮性包茎
宇野タケシ 金型工 童貞 デブ 真性包茎

僕たちはモテない条件が揃った男だが希望は持っている


「まずは包茎手術だよな」
「根本くんは戦えるじゃん そのままでも」
「早く剥けって」
「痛いんだってば」
「俺が剥いてやろうか」
「触られたら暴発するから」
「おいおいっ そっちの気があるなら絶交するぞ」
「ハハハッ ないよ ないって」
「怪しいな じゃあ 今一番したいこと言ってみろよ」
「パイパン舐め舐め」
「合格!!!ハッハッハ」


頭も悪いし運動神経もない
ただ宇野がいるから僕は何とか自信を保っている

先に宇野に彼女でも出来たら・・・あぁ 考えたくない


「ヤセるのなしだぞ」
「いきなり何?」
「おまえってヤセるとイケメンになる可能性あるから」
「10㎏やせたら彼女が自動的に出来るとかなら考えるけどね」
「出来るんじゃないか」
「20㎏はヤセないと大して変わらないって」
「なぁ 揉んでもいいか」
「パイズリはやだよ」
「わかってるって」


昔一度だけチャレンジしたことがあるが
宇野の鼻息で萎えてしまった


「彼女出来たら毎日こんな風に揉めるんだよな~」
「乳首つままないでってば」
「自分でシゴかなくてもいいなんて・・・」
「ザーメンって飲んでくれるかな」
「それは女によるんだろ でもヤリマンだと
浮気とかされたりするし・・・」

「根本くんのお姉ちゃんは?」

「いきなり何だよ」
「最近顔見てないけど同棲とかしてるの?」
「もしかして俺の姉ちゃんで卒業するつもりか」
「何だかんだ言って家に若い生身の女がいるじゃない」
「その言い方やめろって 姉ちゃんは姉ちゃんだから」
「下着をオカズにしたことあるでしょ」
「したことないって 妄想で勝手にしゃべるなよ」
「ふ~ん 僕もお姉ちゃんか妹が欲しかったなぁ」
「家族だぞ 対象外だろ おまえ母ちゃんの下着を
オカズにしたことあるのか」
「あっ もう 萎えるからやめてよ そういうの」
「ハハハッ さすがに熟女はパスだよな」
「根本くんだってお母さんでしないでしょ」
「言わなくていいって 本当に萎えるから」


オナニーをしはじめた頃から
家族とはあまり話をしなくなった
父には性教育をしてもらった関係で仲は悪くないが
仕事が忙しく家で顔を合わす機会がほとんどない


にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介

最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1205位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
47位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK







リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析