姉の右手(2)「下着とかって脱いだらどこに置いてあるの?」

「なぁ いつもの公園行こうぜ」
「うん」


家の近くの公園だが夜はあまり人がいない


「ちゃんとあるな」


公園のトイレ裏にある物置きの下に
拾ったエロ本を隠してある

濡れたり盗まれたりするので補充も時々している

エロ本が捨ててあるマンションは決まってるので
仕事帰りのチェックは欠かせない
ただ誰かに拾うところを見られてはいけないので
毎回拾えるわけじゃない


「妹がいればお小遣いあげるだけで
パイパン舐め舐め出来るのかな」
「それはマンガの世界だろ 剃らないとボーボーだって」
「ボーボーは根本くんのお姉ちゃんでしょ」
「また姉ちゃんを出すのかよ」
「これとかお姉ちゃんに射精管理されてるしさ」
「どれどれ まだ読んでないな」


姉が双子の弟の射精管理をするマンガだ
ザーメンを飲んだりしてかなりエロい


「ねぇ 手コキくらいは頼んだらやってくれるんじゃない」
「5000円とか言われたらどうするんだよ」
「いいじゃない それくらい」


今まで対象にもしていなかった姉の顔が
チラチラ頭に浮かんで仕方ない


「おまえのせいで気になってきただろ」
「下着とかって脱いだらどこに置いてあるの?」
「多分洗濯カゴに入ってるネットの中だろうな」
「本当にオカズにしたことないんだね」
「そもそも見つかったら気まずいどころじゃないぞ
家族って一生家族だからな」
「ハハハッ そうだね」


にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介

最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1195位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
49位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK
リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析