姉の右手(6)「娘の友達に手を出すとか最低な男なんだけど」

「お待たせ~」

「遅かったじゃない もしかして買いに行ってた?」
「ううん ちょっと弟と喋ってて」
「ふ~ん」
「盛り下がってるじゃない もう」
「そんなことないって」
「すぐにすねるんだから」


彼は斉藤くん 弟と同い年
スポーツクラブで私から声をかけた


「そうだ 兄弟とかいるの?」
「う、うん 姉が2人 もう結婚して家にいないけど」
「私と付き合ってくれたのは年上だからって言ったよね
もしかしてシスコンかな」
「そんなことは・・・」
「あるでしょ」


彼は恥ずかしそうにうなづいた


「可愛いんだから」


チュッ チュッ

キスしながら股間を触っていく
弟と違って立派なオチンチンだ


「はぁ はぁ」
「今日は1時間くらいしかなくてごめんね」
「ううん はぁ はぁ」
「口でしてあげよっか」
「うん」


ズボンを脱がすと大きくそそり立った
オチンチンが姿を現した


「初体験は誰としたの?」
「えっ はぁ はぁ あの・・・」
「もしかしてお姉さん?」
「違うよ」
「じゃあ 先輩とか・・・ううん まさか先生?」
「先に教えてよ ミズキさんが」


別に秘密にすることはない
何人かの友達にも話している


「私?私はね~友達のお父さん!」
「うわぁ 無理やりってこと?」
「そうじゃないよ よく家に行ってて
昔から触られてたからその延長かな」



その日 玄関先で友達の塾の帰りを待っていると
おじさんがゴルフバッグを抱えて帰ってきて
先に家に入れてもらったのだ


『手を洗おうかな ミズキちゃんも洗うかい』
『は、はい』


おじさんは洗面所で手を洗ってる時に
スカートの中に手を入れてきた

毎日セックスのことを考えていて
シャワーオナニーにハマってた時だったので
パンティ越しにクリトリスを触られただけで
イキそうになった


『あんっ おじさん あっ あぁ・・・』
『感じやすいね ミズキちゃん ハッハッハ』


やめてと言えばすぐにやめてくれたはずだ

今までもいたずらの延長で友達がいても関係なく
おしりとか胸を触ってきてたがしつこくはなかった


『はぁ はぁ』
『自分で触ったりしてるんだろ もう』
『は、はい』


おじさんは顔を近づけてきたがかなり酒臭かった


『酔い覚ましは若い女のマンコ汁に限る
ミズキちゃん 舐めさせてくれるかい』


黙ってパンティを下ろすとおじさんは顔をうずめてきた


『あっ あんっ あぁ~~~~~~ん』


初体験は着衣セックスだった

おじさんが財布からコンドームを出したことは覚えてるが
痛いよりも気持ち良すぎてそのあとのことは曖昧だ
確か友達に会わずに帰ったような気がする



「今も会ったりしてるの」
「してないしてない 引っ越しちゃったから
友達とは連絡取り合ってるけど」
「もちろん友達は知らないんでしょ」
「当たり前じゃない 一生秘密よ」
「1回だけ?」
「本格的なのはね あとは未遂ばっかり
友達とおばさんの目を盗むの大変だもん」
「娘の友達に手を出すとか最低な男なんだけど」
「まぁ もともとセクハラで有名だったからね 
友達は今でも大嫌いって言ってるし」
「ハハハッ」


おちんちんの先っぽを舐めていく


「あっ あぁ 気持ちいい」
「それでそれで 斉藤くんは誰なの?」
「実は・・・伯母さん」
「結局身内か 相当年上でしょ」
「うん 20才以上 酔ってオフロに入ってきて・・・」
「ハハハッ 酔っ払いって同じじゃない 嬉しかった?」
「もちろん 生でさせてくれたし」
「ヤバいじゃない さすがにまだ生理ある時でしょ」
「そんなの考える余裕もないくらい興奮しちゃって」
「そりゃあ そっか」
「そろそろうしろの席行こう 舐めたくなったから」
「ウフフッ 嬉しいこと言ってくれるわね」


うしろの席に移ってシックスナインの体勢になった


「はぁ はぁ あの時も伯母さんのを必死で舐めたんだ」
「あんっ わぁ もう もっと あんっ」
「ミズキさんよりもビラビラだったけど」
「あぁ~ん 私はまだまだ若いんだからね あんっ」
「コンドームつけてよ」
「もう 世話がかかるんだから ウフフッ」


コンドームをつけてから自分でゆっくり腰を落としていった


「あぁ~ん あんっ あんっ 大きい・・・」
「あっ 最高! あぁ~~~~~~~」


にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介

最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
915位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
38位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK
リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析