実姉の変貌(2)『セイヤ 私のおしりにぶちまけていいよ』

「えっ!?姉ちゃん?」

家に着いた時にちょうど玄関を入ろうとしている
姉と鉢合わせたがその後姿にびっくりした

大きいおしりが目に飛び込んできたのだ

「あっ セイヤ 来たわね」
「いやっ 姉ちゃん・・・」
「何よ」
「いやいやっ 別人すぎるでしょ」
「あぁ そうだったわね ウフフッ 家の中で話しましょ」
「う、うん」

ずっと40kgくらいしか体重のなかった姉が
母を通り越してぽっちゃりとした体型になっている

「いつから?」
「徐々にだけど今年のお正月にはもうこんな感じだったわ」
「顔もだって・・・」

中の下だったが中の上にランクアップしてる気がする
特にすっぴんだとひどかったのに肌に張りがある

「そうなのよね 化粧もあんまりしなくなっちゃった」
「どうしてここまで・・・」
「友達のヤケ食いに付き合ってたらいつの間にかね
食べるのが楽しくなってきちゃって」
「服とかだって」
「ハハハッ 全然着れないのばっかりよ
セイヤに買ってもらわないとね」
「じゃあ これからもこの体型でいくってこと?」
「若い時はあれだけどこれからはこっちの方が
モテるんじゃないかなって」
「まぁ」
「服もそうだけどおっぱいも大きくなっちゃって
ブラを一番買ってもらいたいかも」

姉のおっぱいに興味を持ったことがなかったが
確かに大きくなってる気がする

「CだったのにFになっちゃったのよ」
「そっ そうなんだ」

ブラジャーの話を姉としたことがないので少し戸惑った

「セイヤも巨乳好きでしょ」
「えっ あっ そんなことない・・・よ」
「ウフフッ 隠さなくてもいいじゃない もう大人なんだし」

姉は服の上から胸を鷲掴みしてアピールしてきた
あれっ これってもしかして・・・

「姉ちゃん ノーブラなの?」
「ピンポ~ン!セイヤも女性経験豊富になっちゃったのね」

なってないが話を合わせておこう


トントントントンッ

「おぅ セイヤ 久しぶりだな」
「あれっ 父ちゃん 2階にいたんだ」
「最近昼間はおまえの部屋で寝てるからな あ~ 眠い眠い」

父はトイレに入っていった

「朝帰ってきたところだからね」
「大変そうだなぁ」
「さすがにもう慣れたんじゃない 2年もやってるし」

そして父はトイレから出てきた

「セイヤ 今日は家にいるんだろ」
「うん」
「久しぶりに4人でメシか 楽しみだな」
「あっ うん じゃあ おやすみ 父ちゃん」
「おぅよ」

トントントントンッ


「母ちゃんは仕事って聞いてるけど何時に帰ってくるの?」
「もうマザコンなんだから 仕事場に会いにいけば?」
「何言ってるんだよ もう」
「ウフフッ 6時には帰ってくるわ あんたも疲れたでしょ 
それまで寝てればいいんじゃない」
「ううん そんなに疲れてないよ バスで寝れたから」

はじめて高速バスに乗ったが先輩のアドバイス通りに
寝不足プラスちょい飲みで熟睡出来た

「じゃあ このあと買い物行っちゃう?」
「買い物?」
「これこれ」

また胸を揉んで見せつけてくる

「俺と?」
「だってスポンサーだからね」

「姉ちゃんのために貯金してたんじゃないんだけどな」
「ちょっとくらいいいじゃない」
「もちろんそのつもりだけど高そうだなぁ」
「先に限度を教えてくれればそれ以内でおさえるわよ」
「じゃあ 3000円!」
「セイヤ~ あっ そんなこと言うなら・・・」
「えっ あっ ちょっと・・・」

姉は僕の顔を胸を挟んでくれた これは気持ちいい

「サービスを要求するなんて もう ウフフッ」
「わっ あっ 姉ちゃん 3万くらいでいいよね」
「やった~ 一気に10倍! それよりセイヤ汗くさいわね
買い物に行く前にシャワー浴びてきて」
「うん」
「じゃあ 私も用意しよっかな」

言われた通りにシャワーを浴びることにした
3年ぶりの実家の浴室だ

このタイルには何度もぶちまけたことがある


「はぁ はぁ あっ あぁ~」


姉のおしり・・・姉のおっぱい・・・

オナニーのネタにするのははじめてのことだ
姉のパンティで何度かしたことはあるが
それは姉のことを思ってじゃなかった


『セイヤ 私のおしりにぶちまけていいよ』


「あっ あぁ~ あぁ~~~~~」


近くにいたら聞かれそうだがあんなことまでされたので
もうかまわない むしろ聞かれたいくらいだ

今回3泊するだけだがこんなことなら
休みをもっと長く取ればよかった



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介

最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1096位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
46位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK
リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析