実姉の変貌(4)「あっ ファミレスが回転すし屋になってる」

「歩いていく?」
「うん 行きは歩きでいいかも」
「本当に疲れてないのね 私だったらフラフラになりそう
高速バスってイビキがうるさいんでしょ」
「寝ちゃってたから気づかなかったよ」
「じゃあ セイヤが迷惑かけてたのかもね」
「それはありうる ハハハッ」

「最近こんなに歩くことないからヤセちゃいそうだな」
「バス乗ってもよかったけど」

1つ先の停留所の近くにイオンがあるのだ

「ううん セイヤと話す機会もそんなにないしね
家だとマザコンだからどうせ母ちゃん母ちゃんだし」
「うるさいな もう そんなことないって」
「本当に?」
「いやっ そりゃあ 母ちゃんは好きだけどさ」

母とは友達みたいな関係なのだ

性的な話題は父としかしないがそれ以外は
何でも包み隠さず母に報告している

友達の母親同士が今でも繋がってるのは母のおかげだ
明日の結婚式も母と一緒に行く

「あっ ファミレスが回転すし屋になってる」
「そうそう まだオープンして半年かな」
「もちろん行ってるんでしょ」
「当たり前じゃない オープンの日に3人で並んだって」
「ハハハッ」
「山田さんの方が前だったけどね」
「行ってみたいな」
「ダメよ お母さんが手料理食べさせるのを
楽しみにしてるんだから」
「そっか」

「そもそもさ こっちに戻ってくる予定はないの」
「会社にはずっと言ってるんだけど俺って優秀だから」
「まだ平でしょ」
「主任候補って言ってよ」
「騙されてるんじゃない」
「でも四国の方は人数少ないから代わりが来ないと無理かな
昨年の新入社員は研修の段階で2人も辞めちゃったし」
「どうして?」
「理由は噂で聞いただけだけど転勤があるからじゃないかって」
「あぁ セイヤはよく辞めなかったわね」
「他が決まってなかったし ひとり暮らしもしてみたかったから」
「寮でしょ」
「うん」
「私がいない時はうちでも同じようなものだったじゃない」
「そんな今さらなこと言われても困るって
もう主任候補なわけだし」
「ウフフッ まぁ 出世して戻ってくるものいいかもね」
「盛大に凱旋パレードしてもらわないと」
「山田さんとお母さんが揃えばやりかねないわよ」
「ハハハッ」

話をしながらだったのであっという間にイオンに到着した



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介
最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1004位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
40位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK
リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析