姉の右手(15)「どうしたの 急に仲良くなっちゃって」

「明日またソウタと飲みに行くから」
「どうしたの 急に仲良くなっちゃって」
「ウフフッ 友達を紹介するのよ この子なんだけど」


母にアルバムを見せた


「あらあらっ ずいぶんぽっちゃりしてるわね
ソウタはこういう感じの女の子が好きなの?」
「だって宇野くんもぽっちゃりしてるじゃない」
「ウフフッ 宇野くんは男友達でしょ」
「ハハハッ 4人で飲むから宇野くんと付き合うかも」
「初対面なんでしょ」
「でも2人には太ってること言ってあるから」
「そうなのね じゃあ まんざらでもないのかしら」
「初彼女になるかもよ~」
「それはいいけど紹介するなら最後まで面倒みなさいよ
片方だけ彼女出来たらかわいそうじゃない」
「そっちはお母さんが用意してよ 私はもういないもん
男困ってる友達なんて」
「そうねぇ ソウタに直接頼まれれば考えるけど」
「わっ 厳しい!!!」
「自分で探せるうちは放っておけって言われてるのよ」
「お父さんの方針なのね」
「30まではね でもずっと彼女いないと
いろいろおかしくなるって聞くし」
「ハハハッ 確かにね 変な妄想してたりとか
でも私を見てるからそういうのはないんじゃない」
「お姉ちゃんとして役に立ってるわね ミズキ」
「褒められちゃった ハハッ」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介
最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1101位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
49位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK
リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析