兄嫁のいる家(3)「ごはん食べて元気出してください」

「あっ この番号は昨日の面接の結果かな」


真美さんが食事の用意をしてくれてる時に電話が鳴った


「はい」
「すみませんが・・・」


結果はダメだった 感触がよかったのでガッカリした


「どうだったんですか」
「ダメでした・・・あぁ 兄ちゃんに大丈夫って言ったのに」
「ごはん食べて元気出してください」
「ありがと 真美さん」


昼間は真美さんと2人きりだが食事も一緒にしないし
お互いあまり会話もしないようにしている
洗濯モノも黙って洗濯カゴに入れておけばいいだけだ


「浩二さん あの・・・」
「はい」


いつもなら食べ終わる前まで2階に行ってたりするが
今日は話しかけてきた


「浩一さんにもまだ言ってないんですけど
私の友達が男手を探しててもしよかったら・・・」
「本当ですか」
「浩二さんのこと話したわけじゃないんですけど
周りに誰かいないかって相談されてて・・・
仕事内容は運転と搬入の手伝いらしいんです」
「是非是非」
「給料とか実際の仕事内容を聞いてみて
無理だったら遠慮なく断ってくださいね」
「まぁ 断れる立場じゃないですけど」
「あくまでも選択肢のひとつにしてもらえればなって」
「ありがとうございます」
「ウフフッ まだ話も聞いてないのに」
「そうですね 今すぐ連絡取ってみてください」
「はい」


電話するために2階に上がっていった
まさか仕事を紹介してもらえるなんて思ってなかった
不純な目で真美さんを見てる自分が情けない



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介
最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1101位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
49位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK
リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析