嫁の熱風・義父の企み(14)「わかってる 何も言うな 俺が全部悪いんだ」

「明美・・・キレイじゃないか もっとよく見せてくれ」
「・・・恥ずかしいです お義父さん」


ベッドに押し倒して足を持ち上げてワレメを広げた


「おしりの方までしっかり剃ってあるな」
「あんっ あっ・・・」


木下のところの佳乃さんもそうだが嫁というのは
そもそもハードルが低いのかもしれない


「そうだ やめてほしいなら 早めに言ってくれ
気まずくなるのが一番困るからな」

「じゃあ・・・やっ やめて・・・ください」

「そっ そうか すまんな」


明美の足を掴んでいた手を離した

簡単に見せてくれたので調子に乗ってしまった
今日は嫁とホテル見学するだけのつもりだったのだ


「太一さんとお義母さんに悪いですし・・・」
「わかってる 何も言うな 俺が全部悪いんだ」
「・・・すいません」
「いやっ 父親として太一と仲良くしてくれれば十分だから」
「お義父さん・・・」
「こういうホテルに入るとおかしくなるな ハッハッハ」
「あの・・・」
「何だ もう見学も終わったし家に帰ろう」
「どうでしたか」
「?」
「私の・・・」


やめてと言っておいて感想を求めてくるなんて
明美が何を考えてるのかわかりにくい


「キレイだった これでいいか」
「あっ そうじゃなくて剃ってる方がいいのか
お義母さんみたいに生やした方がいいのかなんですけど」
「それは太一に聞くことだろ」
「どっちでもいいって言われて・・・」
「俺はそうだな 剃ってるワレメを見る機会はないし
これからもこのままでいてほしいけど」
「・・・わかりました」

「なぁ もう一回しっかり見せてもらってもいいか」
「は、はい」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介
最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1068位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
45位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK
リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析