祖母と孫の約束(3)「ウフフッ そんなに嬉しいのかい」

「あっ おばあちゃん 起きた?」


朝方4時頃に目を覚ますともう大輔は目覚めていた


「おトイレに行ってくるわね」
「一緒に行く」
「そう」


大輔はトイレの中まで入ってきた


「見てていいでしょ」
「いいわよ」


私の姿を見ながらちんちんをしごきはじめた


「私がしごいてあげようか」
「ううん」


ジャージャージャー


流した後大輔は便器に座った


「おばあちゃん おちんちん咥えて」
「こんな狭いところじゃなくて布団に戻ってしましょ」
「ここだからいいんだって」
「そうかい わかったよ」


言うとおりにした


「あぁ もう大人の男なんだよね 僕も」
「ウフフッ そんなに嬉しいのかい」
「そりゃあ そうだよ あっ おばあちゃんの
初体験の話も聞かせてよ」
「いいよ いくらでも ただここだと腰が痛くなりそうだから」
「そっか ごめん もう いいよ」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
LINK



リンク
カウンター
アクセスランキング

QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
468位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
34位
サブジャンルランキングを見る>>