祖母と孫の約束(8)「えっと・・・マニアックなんだけどワレメのはじまり」

「直ちゃんはおっぱいとおしり どっちが好き?」
「えっ!?」
「どうしたの?」
「いやっ だって ばあちゃんにそんなこと聞かれるなんて」
「じゃあ やめようか」
「ううん どんどん聞いて どっちかといえばおっぱいかな
もっと好きなところあるんだけど」
「珍しいわね 男の子はだいたいどっちかが好きなのに
じゃあ 直ちゃんはどこが一番好きなの?」
「どうしようかな 大ちゃんにもまだ教えてないんだけど」


オナニーまでした仲なのに教えてないなんて・・・


「もしかしてはじめて他の人に言うってこと?」
「うん」
「じゃあ 聞かない方がいいかもしれないわね」
「でも誰かには言っておきたいんだよね
ばあちゃん 秘密にしてくれる?」
「もちろんそれは大丈夫だけど」


何を言い出すのだろう 全く見当がつかない


「えっと・・・マニアックなんだけどワレメのはじまり」
「ワレメって・・・あっ あぁ」


マンコでもなくおしりの穴でも口でもなく
ワレメのはじまりって確かに聞いたことがない


「あと毛が生えてない方がいい」


いわゆるそれって・・・


「直ちゃん まさか・・・」
「何?」
「大人の女性が好きなのよね」
「もちろんだって あっ あぁ 勘違いしないで
ほらっ 外国だと剃ってる人多いでしょ」
「そうなのね でもこの映像は外国の女性じゃないわね」
「うん でも生えてなさそうっていうか」
「ふ~ん」


男の生理に詳しいと言っても経験豊富なわけじゃないので
とりあえず納得しておこう


「ばあちゃんはボーボーだった気がする」
「ウフフッ 濃い薄いはあるけど
だいたい大人の女の人はそうじゃない」
「秘密聞いてもらったから調子に乗って聞いちゃうけど
ばあちゃんのワレメってどんな感じ?」
「普通よ どういうことを言ってるのかわからないけど」
「ほらっ 立った時にワレメがしっかり見えてる人と
ほとんど見えない人がいるじゃない」
「あっ あぁ」
「おしりみたいにパンティに食い込むと・・・はぁ はぁ」


毛が生えてしまうとわからない部分だ


「見せてあげようか」
「えっ!?いいの?」


大輔としたことを考えれば何てことない


「もしかして毛は剃った方がいい?」
「う、うん」
「じゃあ 今から剃ってきてあげるわ」
「ばあちゃん パンティははいてきて」
「ウフフッ わかったわ」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介

最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
974位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
42位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK
リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析