中年遊戯ー兄貴のおこぼれー(5)「あなたのうなぎは元気になったかしら」

「あなた ただいま」

「あぁ」
「うなぎ買ってきましたよ」
「またか あんまり期待するなよ 昔と違うんだ」
「ウフフッ」


夫 宮台行雄 60才 ビルメンテナンス会社勤務

息子が独立して家を出たあとに
女とギャンブルにハマり一気に生活が苦しくなった

まさか家まで手放すことになるなんて・・・


『離婚しちゃいなさいよ 浮気までされたんだし』
『反省してるって言ってるし』
『悦子は昔っから男に甘いんだから』
『ウフフッ だってかわいいじゃないの』


浮気して開き直る男もいると聞いていたが
うちの夫は私にすがってくれた


『許してくれ おまえがいないとダメなんだ』
『どうせだったらお金使わずに浮気してよ』
『怒ってないのか』
『はぁ・・・私だってあなたがいないとダメだもの』


付き合ったきっかけは私のひとめぼれだった

すぐに浮気に気づけなかったのは息子のことで
いっぱいいっぱいだったからだ


「今日もあいつは不能のままだったのか」
「ウフフッ 弟さんは元気だったけど」
「おいおいっ まさか手を出してないだろうな」
「手を出されてないだろうな でしょ もう」
「ハッハッハ」

「美味しいわね 今日のうなぎ」
「そうだな 肉厚もあるし 高かったんじゃないか」
「いつもと同じですよ」

「ふぅ ごっそうさん」
「あいかわらず早食いなんだから」
「これでも遅くなったろ 昔に比べたら」
「そうですね でも思い出すわ 私の食べてる姿見て
かわいいとか言ったりして ウフフッ」
「そんなこと思い出すなよ 照れるじゃないか」


うなぎを食べ終わって片付けも先に終わらせた


「あなたのうなぎは元気になったかしら」


パンツに手を入れ夫のちんちんを握った


「早く穴に入りたいとよ」
「本当に?」


毎日のように抱き合っているが射精までいくのは
週に1回あるかないかになっている


「はぁ はぁ おまえの絶倫ぶりには感心するよ」
「あっ あんっ そこ あぁ~ん」

「なぁ その弟とやってるところ見たら
嫉妬で興奮するかもしれないぞ」
「浮気してもいいの?」
「黙ってするのが浮気だろ 相手が知ってるなら
何をしてもいいじゃないか」
「もしかしてあなた 私以外の女と・・・」
「ないない 毎日搾り取られてるのに
女のことなんて頭に浮かばないって」
「私のことは思い浮かべてよ」
「ハッハッハ」


ブチュ~ チュッ チュッ


「愛してるぞ 悦子」
「私もよ あなた」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介

最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
932位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
37位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK
リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析