中年遊戯ー兄貴のおこぼれー(7)「何から何まで断る要素がないな」

「えっ!? 住み込みしてくれだって」


純一さんからの提案を家に帰って夫に話した


「そう 家賃も光熱費もいらないって
それに2階には基本的に弟さんも来ないから」
「おいおいっ 条件良すぎじゃないか」
「そうなのよ あなたがよかったらって思って」
「俺はおまえの言うとおりにするよ」
「ただ娘さんが帰ってきた時は出ていってもらうかもって
引っ越し費用は持ってくれるみたいだけど」
「何から何まで断る要素がないな」
「でしょ それにあなたが言ってた弟さんとの・・・」
「あぁ 確かに 簡単にセッティング出来そうだ」


夫は私と純平さんとのセックスを見て興奮したいのだ
本当は純一さんのちんちんで責められたいけど・・・


「じゃあ OKするわね 家を出る準備もしないと」
「そうだな 住所変わるのは面倒だけど
しばらく住まわせてもらえば貯金も貯まりそうだ」
「老後はゆったり過ごしたいものね」


ギリギリとまでは言わないが持ち家があった時に比べれば
明らかに貧しくなったので元に戻りたい気持ちはずっとある



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介

最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1205位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
47位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK







リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析