扇風機・妹・アパート(1)「ボインが大好きお兄ちゃん フフフン」

「はいは~い コバトが来たよ~」
「えっ!?えぇ~~~~」


板橋タカオ 鮮魚店勤務


ガチャッ


「入れて 入れて~」
「ちょっと待ってろ」
「暑いんだから 早く」
「わかったから 待ってろって」


妹 コバト 専門学生 寮住まい


「お兄ちゃん 暑いよぉ」


久しぶりにうちのアパートに妹がやってきた

前回は母と一緒に引っ越しの手伝いを
してもらった時なので5年ぶりになる

それよりも今オナニーの真っ最中だったので
いろいろと隠さないといけない

出しっぱなしのティッシュとエロ雑誌
動画は停止とあとポスターは・・・仕方ないか


「おまえ門限とかあるんじゃないのか」
「あるよ だから来たんだもん」


現在9時を回ったところだ


「何だか汗くさいニオイがするなぁ」
「そりゃあ・・・」
「あっ!エアコンないじゃな~い」
「あるなんて言ってないだろ」
「これ引っ越しの時に持ってきた扇風機だし ハハハッ」
「うちにも元々なかっただろ」
「私の寮にはあるよん 使ってないけど」
「どして」
「一緒の部屋のカエデがエアコンダメなんだもん」
「じゃあ 扇風機か」
「まぁ こんな古くさいのじゃなくて
水を入れてヒヤッとさせるタイプだけど」
「何だよ それ」
「最近よく通販番組で紹介してるじゃん」
「そうなのか テレビはほとんど見ないからな
仕事場ではラジオだし」
「魚屋さんだもんね」
「あぁ そうだ 何か食べるか イカならあるぞ」
「やったね あとビール!!」
「ビールか 1本残ってたかな」


正月には実家に毎年帰ってるが
妹が飲んでる姿を見るのははじめてだ


「これ 俺にもひと口残しておいてくれ」
「は~い」
「しっかし おまえも酒が飲める年になったんだな」
「まだ半年も経ってないけどね」


ゴクゴクゴクッ


「プッファ~ うまい!!!はい お兄ちゃん」
「おぅ」


妹はイカをつまみながら部屋をジロジロ見ている
とりあえず巨乳グラビアのポスターには何も言わない


「窓閉めなくてもいいじゃない 2階なのに」


ガラガラッ


「開けても熱い風が入ってくるだけだぞ」
「あとは・・・台所の窓も開けないと」
「いやっ そっち開けると廊下から中が見えるから」
「そうなんだ じゃあ 女の人は住めないね」
「いるわけ・・・あっ いやっ 206号室に入ってきたんだ」
「若い人?」
「いやいやっ 中年だな 化粧が濃いから年はわからないけど」
「ふ~ん 水商売の人ね」
「間違いなくな」


妹は扇風機の前を陣取った


「おいっ 風がこなくなるだろ」
「汗がひくまで」
「シャワー入ってこいよ」
「そっか そうだね バスタオルちょうだい」
「あそこにかかってるの使えばいいだろ」
「びしょびしょでしょ」
「まだ今日使ってないから乾いてるって」


オナニーしたあとに入ろうと思っていた


「ここのガラス戸外しちゃったんだね」
「あぁ 引っ越したあとすぐな どうせ割れてたし」
「じゃあ ここで脱ぐしかないか」


うちは1Kのアパート 

玄関入るとすぐに台所で左側に小さいユニットバスがある
ベランダなしの4帖半 押入れがあるので片付ければ狭くない

洗濯は近所の銭湯にあるコインランドリーを使っている


「ボインが大好きお兄ちゃん フフフン」


そんな鼻歌を歌いながらユニットバスの前で脱ぎはじめた
中でも脱げるのにわざわざそこで・・・

一応体ごと反対を向いて見ないようにした


「はぁ・・・」
「好きなんでしょ お兄ちゃん」
「あぁ 好きだよ」
「家に貼ってあるのよりもおっぱい大きいね」
「早く入れって」
「私も寄せればこんな風になるかも」


あぁ 見たい でも抑えないと・・・


「ビキニとか着たことあるのか」
「ないない 泳げないの知ってるでしょ」
「海に行く女は泳ぐのが目的じゃないだろ」
「まぁね 男もでしょ」
「当たり前だ」


スルスル~ パサッ


「お兄ちゃんの家で素っ裸になっちゃった!」


見たい!どんなおっぱいに成長してるんだ


「じゃあ 水遊びしてきま~す」
「おぅ」


突然の訪問でパンツ一枚のままで会話してたが
最初の方は半立ちだったかもしれない

妹の顔を見ておとなしくなっていたが
またビンビンになってきた
ただ今さら何かはくもの不自然な気がする


「はぁ はぁ」


ひとまず妹の脱ぎ散らかした下着を見ながら
シコることにした


シャーシャーシャーシャー


シャワーの音がイヤらしさを増幅させる


「Cか」


ブラジャーのタグをチラッと見るとそう書いてある


「ないな」


パンティを拾い上げて見てみたが毛はついてない

よく考えたらこの部屋に女を入れたことがない
家族もありなら母と妹の2人いるけど・・・

今日妹は泊まっていくだろうが
誰かを泊めるのもはじめてのことだ

飲む時は大将の家か行きつけの飲み屋と決まっている
よく大将の家では酔いつぶれてお世話になるが
奥さんも豪快な人なので別に何も言われない



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介

最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
978位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
43位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK
リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析