扇風機・妹・アパート(2)「私のこと女だと思ってたんだぁ」

「大もしてきちゃった」
「だからそういう報告はいらないって」


妹は昔からそうだ トイレに行くときは必ず言ってからだし
そのあと家族に報告する 同じように生理もだ
元々母は公表してなかったが妹の流れで言うようになった


「さすがに音が聞こえちゃいそうだったから
シャワー流しっぱなしでしちゃった」
「おっ 大人になったじゃないか」
「お兄ちゃんも私がいる時はそうしてね」
「明日寮に戻るんだろ」
「うん でもまた来ようと思ってるから」
「いいけど 追い出されないようにな」
「うちはそこまで厳しくないよ 門限過ぎたら
入れてくれないだけ 寮母さんの勤務時間外だから」
「どこにいるのかは言ってあるのか」
「うん さっきカエデにメール送っておいた」
「そっか あっ 泊まるっていっても布団はないぞ」
「こんな暑いのに布団なんていらないよ」
「そうだな」


そういえば着替えのことは何も言われてない


「もしかしてはいてきたパンツそのままはいたのか」
「だってお兄ちゃん持ってないでしょ」
「これでもはけよ 今はいてるのは洗って干しておけば
朝には乾いてるって」
「頭いいね お兄ちゃん 借りようと思ったんだけど
そのまま男モノのパンツはいて帰ったら・・・」
「恥ずかしがるキャラじゃないだろ」
「その辺はだってさ」


少しは女性らしい一面も出てきたようだ

と思ったら違った 

目の前でパンティを脱ぎはじめた
濃いめのアソコの毛が視線に入る


「おっ おいっ」
「何? あっ これお兄ちゃん洗ってきて」
「はぁ・・・」
「扇風機の前から離れたくないんだもん」
「仕方ないな」


めんどくさそうに脱ぎたてのパンティを受け取り
ユニットバスの中の洗面に向かった


ジャージャー ジャブジャブ


ワレメあたりのうすいシミを洗い落としていく
洗剤が濃いめなのでキレイになりそうだ


「蛇口に干しておくぞって おいっ 押入れを開けるなよ」
「ウフフッ エッチな本がいっぱいある~」


扇風機を押入れのそばまで持っていって中を見だした


「大事なところは見えないようになってるね」
「母さんには言うなよ」
「言わなくて知ってるよ 大人の大人だもん」


実家でも持っていたが完全に隠していたので
見つかってない


「お兄ちゃんはおっぱい好きだからこの部分は関係ないか」
「そんなことはないけどな」


俺は何を言ってるんだろう


「あっ パンツのすき間から私のマンコ見えそう」
「おまえ・・・」
「ウフフッ 兄妹でこういう話するのドキドキするね」
「・・・」


ドキドキだけじゃない もうビンビンだ


「ねぇ さっき脱いだ時マンコ見たでしょ~」
「わざと見せたくせに何言ってるんだ」
「ウフフッ」
「おまえ結構アソコの毛濃いんだな」
「もしかして毛が邪魔してマンコ本体は見えなかった?」
「あぁ」

「でも寝てる時に勝手に見るのだけはやめてね」
「当たり前だろ」
「兄妹でも犯罪だからね」
「こわいこと言うなよ」
「ウフフッ でも私はありだよね」
「うん!?」
「そ・こ」


妹が股間を指さした


「まぁ 別に・・・」
「いいんだ じゃあ もうお兄ちゃんフルチンでいいよ」
「いやっ でもそれは・・・」
「恥ずかしいの? 男なのに」
「そうじゃなくて・・・」
「あぁ ボッキしちゃうかもしれないってこと?」
「もうしてるって」


パンツを脱いで半立ちのちんちんを見せつけた


「あぁ~ 先っぽから何か出てるぅ」
「知ってるんだろ」
「うん ガマン汁でしょ カエデに教えてもらっちゃった」
「何だ じゃあ ずっと知らなかったのか」
「知らないよ お兄ちゃんのゴミ箱にあった
精子のついたティッシュは見たことあるけど」
「おいっ」


少し黙ると扇風機の音が大きく聞こえてくる


「私もガマン汁出ちゃってるかも」
「おまえは女だろ」
「私のこと女だと思ってたんだぁ」
「違うのか」
「う、うん 男だよ」
「えっ!?」
「チンコ見たい?」
「おぉ どっちがデカいか比べようぜ」


一応妹の話に乗ってみた


「ハハハッ お兄ちゃんといると楽しいな
もう暑いから脱いじゃおっと」


あっけなく妹のおっぱいを見ることが出来た

ついに兄妹揃ってすっぽんぽんだ
ピンクのキレイな乳房が眩しい


「パンツ貸す必要なかったな」
「そうだよ ハダカでこのエッチな本を一緒に見よ」
「おまえ試してるだろ」
「許可なく何かしたら逮捕するからね」
「しないしない」
「お兄ちゃんだから全然ドキドキしないな」
「ハハハッ そっかそっか それにしてもボーボーだな」


しなくってもさせてくれる流れだ 落ち着け落ち着け


「そうだ お兄ちゃん」
「何だ」
「206号室の女の人いるでしょ」
「あぁ」
「エッチの相手になってもらえばいいんじゃない」
「おまえ 簡単に言うなよ」
「私が頼めばなってくれるかもよ」
「いやっ まぁ そうだけど男がいるかもしれないしな」
「結婚してなかったら大丈夫だって」


付き合うには年上すぎるがセックスの相手には悪くない
水商売をしていれば男関係は激しいだろうし後腐れなさそうだ


「じゃあ・・・頼もうかな」
「1回するたびに私に1000円ね」
「はぁ・・・」
「メリットないとヤル気出ないもん」


そういう魂胆だったのか 
でもこんなに優しい妹はこの世に存在しない

あっ いやっ お金か ということは・・・


「まさかとは思うけど今のこれも・・・」
「うん 正解! でも家族割引で1万円でいいよ 
見せただけだし」
「おまえなぁ」
「何? 高くないでしょ」


確かに高くはないがあとで言うとは・・・

渋々な雰囲気を醸し出しながら財布から1万円を出した


「やったね もっとちゃんと見る?」
「当たり前だろ」
「触ったら1億円だから」
「それは・・・当たることもあるだろ」
「触ったか当たっただけかはわかるよ 私にも
揉んだら3億円ね」
「何とでも言えるな でも まぁ・・・」
「ウフフッ ビンビンだね お兄ちゃん」
「マンコ しっかり見せてくれよ」
「うん まいどあり~」


こっちに向いてM字に足を広げた
ついに妹のマンコと対面・・・自然とシコってしまう


「精子はかけないでよ 子供生まれちゃうから」
「わかってるって はぁ はぁ」


控えめなおっぱいとは違ってイヤらしい大人のマンコだ


「私は昔からエッチだけど処女なんだよね」
「ウソつけ はぁ はぁ」
「本当だよ 交尾以外は何人も経験あるけど」
「交尾っておまえ・・・」


本当のようだ 制御が聞く男が多いのだろうか


「四つん這いになってあげようか」
「いやっ 顔が見えてる方が興奮するから」
「ウフフッ おしりの穴は昔から何度も見せてるもんね」


おしりの穴を見ていた頃はまだ関心はなかったが
きっとその時にもマンコは見えてたはずだ


「あぁあ また汗かいてきちゃった」
「はぁ はぁ コバト おっぱいを自分で揉んでくれ」
「う、うん」


「あっ あぁ~ あぁ~~~~~~~~」


台所の床に向かって思いっきり発射した


「うわぁ お兄ちゃん すごい出たねぇ」
「はぁ はぁ じゃあ シャワー浴びてくる」
「うん 行ってらっしゃ~い」

「そうだ 今さらだけどおまえって美乳だな」
「ウフフッ ありがと 普段は陥没してるけどね」


床の精子を拭きとってユニットバスに逃げ込んだ
イッタあとは賢者モードがはじまる



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介

最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1176位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
47位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK
リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析