扇風機・妹・アパート(3)「トランクス兄妹だね」

「はぁ・・・」


オナニーしたあとだったらまだガマン出来たが
あの誘いを断るにはタイミングが悪すぎた

賢者モードになるとひたすら反省だ

そもそも妹のハダカを見て興奮して射精するなんて・・・



「コバト 寝たのか」


ユニットバスを出ると1万円分の期限切れか
トランクスとタンクトップ姿になって寝ていた

暑いので扇風機を首振りモードに切り替える


「うっ うぅ~ん もう お兄ちゃん 暑い!」
「何だ 起きてたのか」
「元に戻して」
「俺が暑いだろ」
「じゃあ そばで寝ればいいじゃん」
「あっ まぁ そうだな」


となりで横になると妹はこっちに向いた


「トランクス兄妹だね」
「すっぽんぽんのまま寝るんじゃないのか」
「残念でしたぁ お兄ちゃんもはいてるじゃん」
「まぁ 一応な」


反省の証としてトランクスをはいたのだ


「触ったら1億円だよ」
「はいはい わかってるって」
「でもマンコとおっぱい以外はタダでいいや」
「それじゃあ・・・」


思いっきりわき腹をくすぐった


「キャハハッ もう お兄ちゃん くすぐったい あぁ~ん」
「ここもいいんだよな」


トランクスに手を入れておしりを揉んだ


「ダメダメッ そこはダメッ!!!」
「何だ やっぱりダメか」
「もう お兄ちゃんのエッチ!!」
「じゃあ・・・コバトの汗舐めてもいいか」


返事をもらう前にワキを舐めていった


「あぁ~ん くすぐったい わぁ~~~」
「はぁ はぁ さすがにボディーソープの味か」


タンクトップのすき間から見えるピンクの乳首が可愛い 
あぁ 舐めたい 揉みたい


「処女だからか乳首がキレイなピンク色してるよな」
「お兄ちゃん 感想が遅いよ あっ チンコ当たってるし」
「そりゃあ 当たるって」
「お兄ちゃんもチンコの亀さんキレイなピンク色だったじゃん」
「よく見てるじゃないか もっと見るか」
「見てほしいなら追加料金払ってね」
「ちっ ぼったくりじゃねーか」
「ハハハッ」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介

最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1123位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
49位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK
リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析