再婚相手の娘(5)「亜矢のハダカを見れば誰でもこうなるって」

「パパ 入るよ」


すりガラスに亜矢のハダカが透けている


ガチャッ


ついに・・・


「・・・」


湯船の中から亜矢の裸体を無言で鑑賞した


「パパ・・・」
「そのままもう少し・・・」
「・・・うん」


手のやり場に困ってるが大事なところを隠そうとはしていない

Cカップほどのキレイなおっぱいと薄めの陰毛を
交互に見ていった ピンク色を乳房が眩しい


「うしろ向いて」
「・・・うん」


今度は張りのあるおしりが目に飛び込んできた


「もう少し近づいてほしいな」


黙って湯船の方に近づいてきてくれた


「キレイなおしりだね」
「・・・恥ずかしい」
「おしりの穴も見ていいかな」
「あっ それは・・・洗ってからでもいい?」
「あぁ」


亜矢はシャワーを出してカラダを洗いはじめた


シャーシャーシャー ジャブジャブジャブ


もちろんその姿をじっくりと堪能しながら
湯船の中でちんちんをしごいた


「はぁ はぁ」


これが妻ならとっくに抱きついてるところだが
相手は亜矢だ ガマンしないと・・・


「パパ」
「うん?」
「髪を洗ってもらいたいんだけど」
「いいのか」
「・・・うん」


おとなしそうな亜矢が積極的になってきている
似てないと思ってたがそうでもないのかも


ジャブジャブジャブジャブ


「これでいいのかな」
「・・・うん」


上から白い泡まみれの谷間が見える 絶景だ


「はぁ はぁ」


しごかなくても発射しそうになってきた


ジャブジャブ シャーシャー


「パパ 見る?」
「あっ あぁ」
「どうすればいいかな」
「触ってもいいか」
「う、うん」


柔らかいおしりをしっかりと掴んで広げてみた


「・・・」
「キレイだ」
「はぁ はぁ」


亜矢も息が荒くなってきている


「中に入って」
「・・・うん」


湯船の中で亜矢と向かい合わせに座った


「かわいいな 亜矢は」
「パパ・・・」


紅い頬をした亜矢が目を合わせたりそらしたりしている


「見るか」
「・・・うん」


ジャッパ~ン


湯船の中で立ち上がってボッキしたものを見せつけた


「はぁ はぁ」
「感想言ってくれないのか」
「えっ あっ えっと・・・大きい」
「ハハハッ 亜矢のハダカを見れば誰でもこうなるって」

「触ってもいい?」
「もちろん でもあんまり強く触ると発射してしまうぞ」
「あっ そっか じゃあ・・・」


くすぐったいほど弱く触りだした


「いやっ その方が・・・はぁ はぁ」


大人としてここはガマンしないといけない


「これって・・・」
「知ってるんだろ」
「う、うん ガマン汁でしょ」
「おぉ 詳しいな それより何を触ってるか言ってくれ」
「えっ あっ パパのおちんちん」
「いいな もっと言ってくれ」
「おちんちん」
「はぁ はぁ」
「おちんちん」


ついにガマン出来ずに亜矢のくちびるに吸いついた


「はぁ はぁ 亜矢・・・」


そしておっぱいに手を伸ばして揉みまくった


「あんっ パパ・・・」
「ごめん 痛かったか」
「ううん」

「舐めさせてくれ」
「・・・うん」


湯船に座らせて足を広げた
未使用のワレメはまだ閉じている

そのワレメをさらに指で広げてしゃぶりついた


「あぁ~ん パパ あんっ あんっ」


オフロの中に亜矢の喘ぎ声が響き渡った


「もうガマン出来ない 亜矢 おしりを突き出してくれ」
「う、うん はぁ はぁ」


「あっ あぁ あぁ~~~~~~~」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介

最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
946位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
41位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK
リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析