博愛淑女のテコキッス(7)「森野にだけ先に見せてあげる 上と下 どっちにする?」

「今までこの部屋に来た女って家族以外はいないの?」
「仕事関係で何人かいるけど」
「ふ~ん ここで打ち合わせしたりするんだぁ」


そう言いながら森野のとなりに座った
杉田は生理的に受け付けないが森野なら許せる


「あっ えっと・・・」
「森野にだけ先に見せてあげる 上と下 どっちにする?」
「えっ!?」


チュッ


戸惑う森野が可愛くなってキスしてみた


「早く答えて 帰ってきちゃうでしょ」
「・・・じゃあ 下で」
「そうなんだ ふ~ん エロいね ちょっと待ってて
ウォシュレットでキレイにしてくるから」
「う、うん」


シャーシャーシャー


森野は上と答えるとばかり思っていた
どちらかといえば乳首を責められたいのに・・・


「森野もパンイチになってよ」
「う、うん」
「少しくらいは染みが出来てるかなっと」
「えっ えっ」
「サービス サービス」


ズボンを脱がしてトランクスをチェックした
しっかりとシミが出来ている


「ニオイ嗅いでいい?」
「・・・うん」


ザーメンのニオイがかすかにする


「触るよ」


トランクスの中に手を入れて森野のちんちんを握った


「えっ あっ あぁ はぁ はぁ」
「すぐ発射しないなんてすごいね 偉い 偉い」
「あっ 実はさっき・・・」
「ウソでしょ ひとりでしちゃったの
だからトイレが消臭剤のニオイ強めだったのね」
「実は杉田も・・・」
「何々 いつの間にそんな会話してたのよ」
「さっき宮原さんがトイレに行った時に」
「私のおかげで友情復活したってことね」
「う、うん ありがと はぁ はぁ うっ」
「さすがにこれ以上強く握ったら危ない?」
「はぁ はぁ うん」
「そっか せっかくキレイにしてきたから見てもらわないとね
自分で脱いだ方がいい?それとも脱がしたい?」
「・・・脱がしたい」


緊張した手つきでパンティを下ろされた


「はじめてじゃないでしょ」
「あっ うん 一応 でも・・・」
「何?」
「慣れてないから」

「まぁ そんなこといっか 見てよ ちゃんと」
「う、うん」


トランクスの中に手を入れてシゴきながら
私のワレメを見つめている


「立ったままでいいの?」
「あっ 四つん這いになってもらいたいんだけど」
「ウフフッ やる気になってきたわね もうエロいんだから」


四つん這いになると息がかかるくらいまで
顔を近づけてきた


「はぁ はぁ」


ピンポ~ンッ


そのタイミングで杉田が帰ってきた
オートロックなのでいきなり玄関が開かないのは都合がいい


「ただいま」
「あっ あぁ」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介

最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
946位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
41位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK
リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析