博愛淑女のテコキッス(10)「はいはい 森野 興味ないだろうけど乳首舐めて」

「宮原さん おはよう」
「えっ ちょっと 杉田!!!」


目覚めると杉田のちんちんが頬に当てられていた


「森野 あっ あんたまで もう あんっ くすぐったいって」


森野はワレメに顔を埋めている


「ちょっと待って待って」
「宮原さん 森野とだけセックスするなんてひどいじゃない」
「わかったから トイレだけ行かせて」
「は~い」


シラフになって積極的になるとは本当に予想外だった
それも寝込みを襲ってくるなんて・・・


「顔に乗ってよ 宮原さん」
「はいはい 森野 興味ないだろうけど乳首舐めて」
「う、うん」

「はぁ~ん あっ あぁ~ん 気持ちいいわ」

「はぁ はぁ 宮原さんのマンコ あっ あぁ」


パンパンッ パ~ンッ パンパンッ


交互に責められて何が何だかわからないまま時間が過ぎていった


「ふたりのおかげで楽しい同窓会になったわ」
「僕らの方こそ・・・」

「そうだなぁ 次は10年後でいいよね」

「えっ!? そんなぁ」
「ハハハッ」


そのあと2人とはまだ会っていない 
連絡先を交換してないのでこのままだと再会は次回の同窓会だろう



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介

最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
946位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
41位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK
リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析