いもうとクローゼット(2)「こんなに近くで見るのははじめてかもね」

「あぁ 気持ちよかった そうだ もうエロエロしたの?」
「えっ あっ いやっ・・・」
「じゃあ 特別にちょっとだけ見せてあげるね」
「えっ!?」


タンクトップのすき間から谷間を見せてくれた
Bカップの小さなおっぱいだがネタとしては十分だ


「ウフフッ 見ながらエロエロしてもいいよ」
「ナナコ・・・」
「父ちゃんには内緒だからね」
「あっ あぁ」
「早くおちんちん出してエロエロして」


少し恥ずかしいがすでにビンビンになってるので
遠慮なくオナニーさせてもらうことにした

ただ父が帰ってくるまで10分もない


「はぁ はぁ」
「こんなに近くで見るのははじめてかもね」
「そっ そうだな」


オナニーしてる時に妹がトイレに行くことがあるので
ちんちんを見られたことは何度かある

ただ基本的に目をそらしてるので
ここまでじっくり見られたのははじめてのことだ


「ティッシュで受け止めてあげるね」
「あっ あぁ」
「どう?すぐに出そう」
「はぁ はぁ あっ もう・・・あっ あぁ~~~~」


ドピュッ ドピュ ピュッ


刺激が強すぎたこともあって短い時間にも関わらず
大量のザーメンがティッシュに発射された


「お兄ちゃんって お行儀がいいね こんなに出たのに
全然飛び散ってないし」
「はぁ はぁ たまたまだって」

「じゃあ 私は寝ちゃうね」
「あっ あぁ」


妹は父が帰ってくる前にクローゼットに入っていった



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介

最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1057位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
46位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK







リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析