義父と嫁の白昼情事(10)「私もお義父さんのラーメン食べてからムラムラしちゃって・・・」

「遅いじゃないか どこまで行ってたんだ」
「すいません これを買いに・・・」
「高田ちゃん そういうのはひとりで買いに行けよな」

「お義父さん そんなことよりもラーメンお願いします 
おなかすいちゃいました」
「そうか そうか 全部乗せでいいか」
「はい」

「ありがとね 満子さん」
「女神でしょ」
「ハハハッ」
「何だ 何だ 何をコソコソ話してるんだ」
「目ざといなぁ 親父さんは」
「うるせぇ」

「そういえば今日は車で来たんです」
「おっ そうだったのか よし 出来たぞ ラーメン」
「いただきまーす! うわぁ 美味しい!!!」

「じゃあ そろそろ帰ります」
「おぅ またな 高田ちゃん」

「満子さん また店に来ることあったら連絡ちょうだいよ」
「ウフフッ わかりました」
「また 何をコソコソ・・・」
「帰りま~す」


私がラーメンを食べ終わり他の客もいなくなったところで
義父は店の片付けをはじめた


「まだ終電の時間じゃ・・・私はここで待ってますけど」
「いやっ ガマン出来ないんだ もう」
「お義父さん・・・」


細かいことを聞く必要はない



「はぁ はぁ あんっ あんっ」


屋台を片付けたあと車の中ではじまった


「私もお義父さんのラーメン食べてからムラムラしちゃって・・・」
「この乳首がたまんないんだ」


チュパッ チュパッ


「あぁ~ん 痛いです」
「ハッハッハ ちょっと強すぎたか」


「おぉ~ あっ あぁ あぁ~~~~~~~」


谷間に男汁が・・・


「お義父さん 私はまだ・・・」
「はぁ はぁ わかってる 俺もまだまだ・・・」


「あぁ~ん あんっ あんっ あぁ~~~~~~」


「じゃあ 帰るか」
「はい」


ブルルルルッ


「あっ 鈴木理恵って知ってますか」
「鈴木・・・あぁ 輝彦の好きなエロ女優だろ」
「もしかしてお義父さんがいつも見てるのって・・・」
「俺は内容で見てるからな 気にしたことないが
そのエロ女優が出てるようなのは興味ないな」
「そうなんですね」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介

最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1176位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
47位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK
リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析