父の介助と姉の性奉仕(7)「珍しいわね じゃあ 一緒に入ったの?」

「昨日はカズマが背中を流してくれてな」
「珍しいわね じゃあ 一緒に入ったの?」
「いやっ さすがに狭いから無理だって 見張ってたけど」

「ありがとな カズマ」
「何度も言わなくていいって」
「ウフフッ」


父は言葉じゃなく視線がおかしな方を向きはじめた
まさしく姉のおっぱいのところだ

今日もしっかりカラダの線がわかるような
Tシャツを着てきているので目のやり場に困る


「ありがとな カズミ」
「そうそう 私もちゃんと言ってもらわないとね」


昨日は感謝の言葉に戸惑っていたが
姉も慣れてきたようだ 俺はすでに10回以上言われている


「ごちそうさん すまんがちょっと寝るぞ」
「どうしたの?」
「いやぁ カラダに力が入らなくなってな」
「あれっ 熱はなかったの カズマ」
「ないない 36.8だったから」
「そっか じゃあ 疲れてるだけかもね 
昨日オフロにも入ったし」


朝食のあと父はいびきをかいて寝はじめたので
姉と台所に行って小声で話すことになった



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介

最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1145位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
46位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK







リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析